新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マセラティ グランカブリオ【新型車】 / navi

クルマニュース

マセラティ グランカブリオ【新型車】 / navi

(2010/03/31)

ソフトトップを備えた典雅な4シーターカブリオレ

マセラティ グランカブリオ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のグリジオ・グラニートなど9色と有料オプション5色を含む計14色
マセラティのスタイリッシュな2ドアクーペ、グラントゥーリズモS オートマチックをベースにオープンボディが与えられたカブリオレが登場。

マセラティでは、4ドアセダンの「クアトロポルテ」、2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」に続く第3のモデルとして位置づけている。「グランカブリオ」の誕生により、同社のマークである、トライデントの三叉槍が揃い、フルラインアップが完成したという。

ルーフの設計はピニンファリーナが担当した。空力抵抗や遮音性が追求された3層のキャンバス素材のソフトトップは、リアウィンドウに熱反射ガラスを採用。時速30km/h以下であれば、走行中でも28秒でルーフを閉じることが可能とされた。車重は、ベース車比+110kgの2050kg、ホイールベースも2mm延長され2942mmとなっている。イタリア車らしく、6色のソフトトップ、3色のルーフライニングにより多様なカラー・コンビネーションを楽しめるのも特徴だ。

オープンカーとしての安全性も追求されている。リアシート後部には「テレスコピック・ロールバー」を配置。緊急事態が想定された時、または車体のサイドやリア部に地面との接地が感じられた時はロールバーが0.19秒で飛び出し、同乗者にかかるダメージを軽減。ほかにも、追突時にキャビンの変形を抑制するリアバンパーサポート、側面衝突の際の陥入を低減するアンダードアのサイドモールディング、鋳造アルミニウムにより補強されたウィンドスクリーン・ピラー、デュアルステージ・フロントエアバッグなどが採用されている。

パワートレインは、ベース車と同じ、440ps /490Nmを発生する4.7LのV8DOHCエンジンと6速ATとの組み合わせとなる。この大パワーを受けるべく、ボディフレームは総合的に見直しが図られた。新しくデザインされたベアリング・モノコックは、重量比を最適化するために、トランクやボンネット、バンパー・クロスメンバー等に新素材を採用。数千時間にも及ぶ設計計算やテストを経た結果、このクラスでは最も高い静的ねじれ剛性値と動的ねじれ剛性値を達成したという。

重量配分にも最適化が施されており、オープン時ではフロント48対リア52、クローズド時で49対51という車両重量配分となっている。バランスの取れた重量配分特性により、運転の歓びや楽しみだけでなく、ドライバーの意思に敏感に反応し、あらゆる局面での高い安全性が実現された。

足回りでは、あらゆる路面状況にも対応し、高レベルの快適性を維持するスカイフックサスペンションを標準装備。ブレーキシステムは、ブレンボ社と共同開発した先進のデュアルキャストテクノロジーが採用された。装備では、外気温や太陽光線、湿度に応じて、車内温度や送風レベルを自動的に調整し、常に快適な状態を保つ、オートマチック・デュアルゾーン・クライメットコントロールや、内装のレザーには、ポルトローナ・フラウ製のものが採用されるなど、マセラティらしいゴージャスなものとなっている。

価格はモノグレードで1850万円となる。

グレードグランカブリオ
駆動方式FR
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4881×1915×1380
ホイールベース(mm)2942
車両重量(kg)1887
乗車定員(人)4
エンジン種類V8DOHC
総排気量(cc)4691
最高出力[kW(ps)rpm]323(440)/7000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]490(50.0)/4750
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/75
車両本体価格(万円)1850
■発表日:平成22年3月30日 ■取り扱い:マセラティ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
2
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
3
up
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
4
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
up
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
7
keep
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
keep
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027