新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プレミオ/アリオン【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ プレミオ/アリオン【マイナーチェンジ】 / navi

(2010/04/21)

1.8Lエンジンにバルブマチックを搭載、環境性能を向上

↑写真左、プレミオは格調の高さを強調、右アリオンは洗練された印象が与えられた
5ナンバーサイズのミドルサイズセダン、プレミオとアリオンに内外装を含むマイナーチェンジが施された。

プレミオは、フロントグリルおよび、リヤコンビネーションランプなどの意匠を変更。アルミホイールも新デザインの15インチが設定され、質感を向上。格調の高さが訴求された。アリオンは、フロントグリルの横バーメッキ処理が施され、ヘッドランプも丸型3連式に改められている。フォグランプ一体型のロアグリルと併せて、精悍な印象が与えられた。

内装では、プレミオ/アリオンともに、シート表皮のファブリックの色柄を変更。一部グレードには、ダークブラウンの木目調パネルが装備される。

最大の変更点は、1.8L車に、高い動力性能と優れた環境性能を両立した新世代エンジン動弁機構、バルブマチックが採用されたこと。これにより、1.8L FFモデルの燃費は、従来型比+1.6km/Lの18.6km/Lとなった。4WD車でも、従来型比+1.2km/Lの15.6km/Lを実現。プレミオ/アリオンともに1.5L車、2L車もあわせ全車で自動車取得税・自動車重量税が50%減免されることになった。

価格はプレミオが1.5L FFのエントリーグレード、1.5Fの170万円から、2Lの最上級グレード、2.0G スペリアパッケージの270万円まで。アリオンは1.5L FFのエントリーグレード、A15の169万円から2Lの最上級グレード、A20 Sパッケージの240万円まで。プレミオ2.0G スペリアパッケージは24万円の値下げ、他グレードでも小幅なプライスダウンとなっている。
グレードアリオン A15アリオン A18プレミオ 2.0G スペリアパッケージ
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4565×1695×14754565×1695×14854595×1695×1475
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)147516051545
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)149617971986
最高出力[kW(ps)rpm]81(110)/600098(133)/6400116(158)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]140(14.3)/4400164(16.7)/4400196(20.0)/4400
10・15モード燃費(km/L)18.615.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)169.0206.4270.0
■発表日:平成22年4月20日 ■取り扱い:プレミオ トヨペット店、アリオン トヨタ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027