新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X1シリーズ【新型車】 / navi

クルマニュース

BMW X1シリーズ【新型車】 / navi

(2010/04/21)

日本市場を見据えて投入されたSAV
Xシリーズ初の後輪駆動モデルも用意

BMW X1|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のマラケシュ・ブラウンを含む全5色
コンセプト
タワーパーキングなどにも考慮した
プレミアムコンパクトSAV
BMWが提唱する「武骨なSUVとは明確な一線を画す、オンロード走行性能を高めたSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)」コンセプトの末弟としてX1がデビューした。

高いアイポイントや、開放感のあるインテリアスペース、多彩な収納機能、自由自在にアレンジ可能なリヤシートなど、Xシリーズ全モデルに共通する使い勝手の良さと、俊敏で爽快な走りが兼ね備えられた。また、開発初期段階から、日本市場が視野に入れられており、一般的な機械式駐車場にも収まる全幅1800mm/全高1545mmのボディサイズが与えられている。
内外装
エレガントさと力強さが表現された外装
幅広い印象を与える室内
エクステリアは、長いエンジンフード、ショートオーバーハング、2760mmのロングホイールベースなどが伸びのあるプロポーションを強調し、BMWらしいスポーティなキャラクターが表現された。バンパーと切れ目なく一体化されたキドニーグリルによる存在感のあるフロントフェイスや張り出されたフェンダー、サイドのキャラクターラインなど、全体的にマッシブな印象が与えられている。

インテリアでは、BMWならではのコクピットを取り囲むようなセンターコンソールとダッシュボードのデザインが採用された。ただし、ダッシュボードは水平のラインによって分割され、ドアトリムへとつながる造形で、上下で色を変えることなどで幅広さが強調されたものとなるなど、随所に室内を広々と感じさせるデザインが導入された。
バリエーション
エンジンは2Lと3Lの2種類
Xシリーズ初となる後輪駆動モデルを用意
ラインナップは、2Lの直4DOHCエンジンを搭載するX1 sDrive18iと、3Lの直6DOHCエンジンを搭載するX1 xDrive25iの2種類。組み合わされるミッションはどちらも6速ATとなる。

従来のXシリーズにはない特徴のひとつとして、X1 sDrive18iには、シンプルな後輪駆動が採用されたされたことがあげられる。日本市場をにらんで作られたモデルだけに、シンプルな駆動方式を選択したこのモデルは363万円という戦略的なプライスが掲げられた。

一方、3LエンジンにBMW独自の4WDシステム、Xドライブを組み合わせる上位モデル、X1 xDrive25iも480万円と500万円の大台を切るプライスとなっている。
POINT
1Xシリーズでは初となる
後輪駆動モデルも用意
BMW X1 リアビュー|ニューモデル速報
2ドライバーを取り囲むような
コクピット感覚のインパネ
BMW X1 インパネ|ニューモデル速報
3トリムデザインなどにより
広々と感じさせる室内
BMW X1 シート|ニューモデル速報
4BMW独自のインターフェイス
iDriveも装備される
BMW X1 iDrive|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードX1 sDrive18iX1 xDrive25i
駆動方式FR4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4470×1800×1545
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)15601710
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直6DOHC
総排気量(cc)19952996
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6400160(218)/6100
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/3600280(28.6)/2500-3500
10・15モード燃費(km/L)11.49.9
ガソリン種類/容量(L)ハイオク/60
車両本体価格(万円)363.0480.0
■発表日:平成22年4月20日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027