新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X1シリーズ【新型車】 / navi

クルマニュース

BMW X1シリーズ【新型車】 / navi

(2010/04/21)

日本市場を見据えて投入されたSAV
Xシリーズ初の後輪駆動モデルも用意

BMW X1|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のマラケシュ・ブラウンを含む全5色
コンセプト
タワーパーキングなどにも考慮した
プレミアムコンパクトSAV
BMWが提唱する「武骨なSUVとは明確な一線を画す、オンロード走行性能を高めたSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)」コンセプトの末弟としてX1がデビューした。

高いアイポイントや、開放感のあるインテリアスペース、多彩な収納機能、自由自在にアレンジ可能なリヤシートなど、Xシリーズ全モデルに共通する使い勝手の良さと、俊敏で爽快な走りが兼ね備えられた。また、開発初期段階から、日本市場が視野に入れられており、一般的な機械式駐車場にも収まる全幅1800mm/全高1545mmのボディサイズが与えられている。
内外装
エレガントさと力強さが表現された外装
幅広い印象を与える室内
エクステリアは、長いエンジンフード、ショートオーバーハング、2760mmのロングホイールベースなどが伸びのあるプロポーションを強調し、BMWらしいスポーティなキャラクターが表現された。バンパーと切れ目なく一体化されたキドニーグリルによる存在感のあるフロントフェイスや張り出されたフェンダー、サイドのキャラクターラインなど、全体的にマッシブな印象が与えられている。

インテリアでは、BMWならではのコクピットを取り囲むようなセンターコンソールとダッシュボードのデザインが採用された。ただし、ダッシュボードは水平のラインによって分割され、ドアトリムへとつながる造形で、上下で色を変えることなどで幅広さが強調されたものとなるなど、随所に室内を広々と感じさせるデザインが導入された。
バリエーション
エンジンは2Lと3Lの2種類
Xシリーズ初となる後輪駆動モデルを用意
ラインナップは、2Lの直4DOHCエンジンを搭載するX1 sDrive18iと、3Lの直6DOHCエンジンを搭載するX1 xDrive25iの2種類。組み合わされるミッションはどちらも6速ATとなる。

従来のXシリーズにはない特徴のひとつとして、X1 sDrive18iには、シンプルな後輪駆動が採用されたされたことがあげられる。日本市場をにらんで作られたモデルだけに、シンプルな駆動方式を選択したこのモデルは363万円という戦略的なプライスが掲げられた。

一方、3LエンジンにBMW独自の4WDシステム、Xドライブを組み合わせる上位モデル、X1 xDrive25iも480万円と500万円の大台を切るプライスとなっている。
POINT
1Xシリーズでは初となる
後輪駆動モデルも用意
BMW X1 リアビュー|ニューモデル速報
2ドライバーを取り囲むような
コクピット感覚のインパネ
BMW X1 インパネ|ニューモデル速報
3トリムデザインなどにより
広々と感じさせる室内
BMW X1 シート|ニューモデル速報
4BMW独自のインターフェイス
iDriveも装備される
BMW X1 iDrive|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードX1 sDrive18iX1 xDrive25i
駆動方式FR4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4470×1800×1545
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)15601710
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直6DOHC
総排気量(cc)19952996
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6400160(218)/6100
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/3600280(28.6)/2500-3500
10・15モード燃費(km/L)11.49.9
ガソリン種類/容量(L)ハイオク/60
車両本体価格(万円)363.0480.0
■発表日:平成22年4月20日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027