新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデスベンツ Eクラスカブリオレ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデスベンツ Eクラスカブリオレ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/04/26)

ソフトトップを採用、新開発エアキャップにより風の巻き込みを低減

Mベンツ Eクラスカブリオレ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のカルサイトホワイトを含む全12色
M・ベンツのラインナップの中心に位置する主力モデル、Eクラス。セダン、クーペ、ステーションワゴンとバリエーションを拡大してきたが、第4のモデルとしてコンバーチブルが追加された。

コンセプトは「4人の乗員が四季を通じて1年中快適なオープンドライブを楽しめるコンバーチブル」。ルーフには、ソフトトップが採用された。停車中もしくは走行中40km/h以下で開閉可能で、開閉に要する時間は約20秒という。また、厚さ23.5mmの多層構造により遮音性がきわめて高く、外部騒音や風切音を効果的に吸収し、室内の騒音を大幅に軽減。耐候性・断熱性にすぐれた素材と構造により、季節を問わず1年中、クーペモデルと同等の室内環境が目指された。

コンバーチブルモデルとしては世界最高レベルのCd値:0.28を達成するなど、効率を追求した「ブルーエフィシェンシーテクノロジー」による優れた燃費経済性能も施されている。また、カブリオレ専用に強化された高剛性ボディや11個のエアバッグにより、クラストップレベルの乗員保護性能も与えられている。

先述のコンセプトを実現するべく開発されたのが「エアキャップ」だ。これは、フロントウインドウフレーム上部の可動式ウインドウディフレクターと、リア左右ヘッドレスト間の可動ドラフトストップにより、車体上部の気流を持ち上げ、前後席への風の巻き込みを低減させるというもの。さらに前席乗員の首元へ温風を吹き出し、寒冷時のオープンドライブを快適にする「エアスカーフ」などの最新の装備がオプションで用意される。

パワートレインはEクラスの各モデルに搭載される3.5LのV6DOHC+7速AT。このエンジンは、平成22年度燃費基準を達成しており、「経年車(車齢13年超車)の廃車を伴う新車購入補助」対象モデルになっている。

モノグレードで、価格は898万円となる。

グレードEクラスカブリオレ
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4705×1785×1395
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)1790
乗車定員(人)4
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3497
最高出力[kW(ps)rpm]200(272)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/2400-5000
10・15モード燃費(km/L)9.1
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/66
車両本体価格(万円)898.0
■発表日:平成22年4月20日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027