新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ FJクルーザー【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ FJクルーザー【スクープ!】 / navi

(2010/05/06)

調査報告書 2010年5月
File No.035

トヨタ FJクルーザー

※2010年5月6日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ FJクルーザー|ニューモデル速報
トヨタ FJクルーザー インテリア|ニューモデル速報トヨタ ランドクルーザー40|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2010年11月
●全長x全幅x全高:4670×1905×1830(mm)
●搭載エンジン:2.7L直4ほか
北米専用モデル、ついに日本正規導入か!?

往年のランクル40系(写真右下)を現代風にアレンジした遊びゴコロたっぷりのSUV、FJクルーザー(写真左・右上)。北米専用モデルとして、2006年にデビューしたこのモデルが、どうやら日本でも買えるようになりそうだ。

FJクルーザーは、基本コンポーネントにはプラドのものを使用。生産は日本(日野自動車・羽村工場)で行っている。たまに街で見かけるものは、業者が逆輸入して販売している並行輸入車なのだ。

FJクルーザーの特徴をあげると、全長はベースとなったプラドより約10mm短い4670mmながら、全幅は1900mmを超えるアメリカンサイズ。丸目のヘッドランプや、白いルーフ、観音式のドアなど目を惹くポイントが満載だ。太くて存在感あふれるCピラーも印象的に映る。北米仕様ではボディカラーにポップな原色が揃っている点も魅力だ。

トヨタでは、話題作りの一環としてこのモデルの導入を検討しているようだ。生産拠点が国内にあるため、導入はそう難しい話ではないだろう。もちろん、国内向けはウインカーレバーなど各種スイッチ類も含め、右ハンドル仕様に設計し直される。北米仕様のエンジンは4LのV6だが、国内導入に際して、2.7L 直4モデルの設定を検討しているという。

販売価格も興味あるところだ。北米では4LのV6(2WD)の工場出荷価格は、2万4180ドル(邦貨換算=約218万円)。2.7Lのモデルが導入された場合、200万円前後という破格のプライスで販売される可能性もある。もし実現すれば、1クラス下の日産エクストレイルも太刀打ちできないコストパフォーマンスになる。登場は2010年11月が予定されている。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027