新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ヴォクシー/ノア ハイブリッド【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ ヴォクシー/ノア ハイブリッド【スクープ!】 / navi

(2010/06/10)

調査報告書 2010年6月
File No.040

トヨタ ヴォクシー/ノア ハイブリッド

※2010年6月10日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ ノア ハイブリッド|ニューモデル速報
トヨタ ノア|ニューモデル速報日産セレナ予想イラスト|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

次回フルモデルチェンジで、ハイブリッドモデルを投入

先ごろ(2010年5月)マイナーチェンジを受けたばかりの5ナンバーミニバン、ヴォクシーノア兄弟(写真右上 画像はノア)だが、トヨタ社内では3年後のフルモデルチェンジを見据えて、コンセプトの検討が始まっている。

そんな前段階の状態で浮上した最大のニュースがハイブリッドモデルの設定だ。トヨタでは、車重の重いミニバンの燃費改善、ハイブリッド車の拡充を目指しており、次期型にはハイブリッドをラインナップする方向で動き始めたようだ。

気になるハイブリッドシステムだが、ボンネットフード内に従来通り2L 直4エンジンを搭載、これに加えて電気モーターは前後1個ずつというエスティマハイブリッドと似たものになるようだ。ただし、エスティマに使われているシャーシは3ナンバー幅のMCプラットフォームであり、これをヴォクシーノアに流用することはできない。

そこで、ハイブリッド新設を前提に、次の世代交代に向けてシャーシの開発が先行して立ち上がることになりそうだ。開発事情に詳しい関係者によると、シャーシの前半部分には現行モデルと同じものが用いられ、新たに電気モーターが組み込まれる後半部分は新開発されるとのこと。

期待のニューフェイスとなるであろうハイブリッド仕様はガソリン車との差別化が図られ、ラジエターグリルやバンパーなどに専用パーツが採用される見込みだ。活況を呈する5ナンバーミニバン市場だが、File No.036で紹介した日産セレナ(写真右下)にもクリーンディーゼルの搭載が検討されている。次世代エコミニバン対決が楽しみだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027