新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ヴォクシー/ノア ハイブリッド【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ ヴォクシー/ノア ハイブリッド【スクープ!】 / navi

(2010/06/10)

調査報告書 2010年6月
File No.040

トヨタ ヴォクシー/ノア ハイブリッド

※2010年6月10日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ ノア ハイブリッド|ニューモデル速報
トヨタ ノア|ニューモデル速報日産セレナ予想イラスト|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

次回フルモデルチェンジで、ハイブリッドモデルを投入

先ごろ(2010年5月)マイナーチェンジを受けたばかりの5ナンバーミニバン、ヴォクシーノア兄弟(写真右上 画像はノア)だが、トヨタ社内では3年後のフルモデルチェンジを見据えて、コンセプトの検討が始まっている。

そんな前段階の状態で浮上した最大のニュースがハイブリッドモデルの設定だ。トヨタでは、車重の重いミニバンの燃費改善、ハイブリッド車の拡充を目指しており、次期型にはハイブリッドをラインナップする方向で動き始めたようだ。

気になるハイブリッドシステムだが、ボンネットフード内に従来通り2L 直4エンジンを搭載、これに加えて電気モーターは前後1個ずつというエスティマハイブリッドと似たものになるようだ。ただし、エスティマに使われているシャーシは3ナンバー幅のMCプラットフォームであり、これをヴォクシーノアに流用することはできない。

そこで、ハイブリッド新設を前提に、次の世代交代に向けてシャーシの開発が先行して立ち上がることになりそうだ。開発事情に詳しい関係者によると、シャーシの前半部分には現行モデルと同じものが用いられ、新たに電気モーターが組み込まれる後半部分は新開発されるとのこと。

期待のニューフェイスとなるであろうハイブリッド仕様はガソリン車との差別化が図られ、ラジエターグリルやバンパーなどに専用パーツが採用される見込みだ。活況を呈する5ナンバーミニバン市場だが、File No.036で紹介した日産セレナ(写真右下)にもクリーンディーゼルの搭載が検討されている。次世代エコミニバン対決が楽しみだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027