新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ジューク【新型車】 / navi

クルマニュース

日産 ジューク【新型車】 / navi

(2010/06/10)

コンパクトカーとSUVの魅力を結合し
これまでにない新しいスタイルを提案

日産ジューク|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のラディアント レッドを含む全7色
コンセプト
新しいジャンルの車像を模索
高い運動性と快適さを両立
グローバル市場をターゲットに開発した、これまでにないコンパクトカーの新しいスタイルを提案する新型車が日産ジュークだ。コンパクトスポーツカーの俊敏さとSUVの力強さや安心感、それぞれが持つ魅力を一つに結合することで、斬新かつ独創的な全く新しいジャンルの車像が目指されている。

ジュークとは、英語で「(アメリカンフットボールなどのスポーツでディフェンスを)軽快にかわす」という意味だそうだ。機敏さと、乗る人が仕事やプライベートで日々チャレンジする前向きさをイメージしたものだという。大幅な改良が施された1.5Lエンジンや、新世代のエクストロニックCVT、高剛性サスペンションなど走りの装備は充実。これらにより、アクセルやハンドルの操作に対して意のままに車が反応する優れた運動性能と高い走行安定性を実現することはもちろん、快適な乗り心地との両立も目指された。
内外装
エクステリアは力強さとスポーティさを表現
アウトドアスポーツを意識した室内
エクステリアでは、スポーティなイメージの前後のランプや、大きく張り出したフェンダーなど大胆で存在感の強いデザインが採用されている。大きな丸型ヘッドランプと、高い位置に配したフロントコンビランプをはじめ、リアに向かってスロープするルーフラインや、ワイドに張り出したフェンダーなど、筋肉質なボディサイドがスポーティさを演出。リアコンビランプは、日産を代表するスポーツモデル、フェアレディZと共通のイメージを図ったブーメラン型のものが採用された。一見、2ドアのようだが、リアドアのハンドルはリアピラーに埋め込まれている。

インテリアも外装に負けず個性的だ。バイクのタンクをイメージしたというセンターコンソールやドアフィニッシャーにより、車との一体感が感じられるスポーティな室内空間が演出されている。特徴的なドアトリムはスキューバダイビングで使用するフィンをイメージしたものだという。さらにバイクのメーターを思わせるシリンダー型のメーターやフローティングバイザー、スポーティなデザインのセンタークラスターが採用されるなど、斬新なデザインと高い機能性の両立が図られている。
バリエーション
パワートレインは2グレード共通
15RXにはLED式車両制御ディスプレイを採用
前述の通り、パワートレインは、1.5Lの直4DOHCエンジン+CVTとの組み合わせだ。エンジンには、量産エンジンでは世界初となるデュアルインジェクターが採用されている。これは、燃料噴射を1シリンダーあたり2本のインジェクターで行うことで、燃料効率を安定させることを目的としたもの。燃料噴射をより広角にし、噴射する燃料粒径を小さくすることで、燃焼安定性の向上や、可変バルブタイミング機構(CVTC)との組み合わせにより、熱効率の向上や吸気抵抗の低減を図り、燃費性能の向上に寄与している。

また、トランスミッションも副変速機(2段変速)を組み合わせた新しい構造の新世代型エクストロニックCVTが採用されている。従来の同クラスCVTと比較して20%以上も変速比幅を拡大し、レスポンスの良い発進加速と、高速走行時の静粛性の向上が両立された。このエンジンとミッションによる10・15モード燃費は、19.0km/Lを実現。50%のエコカー減税適合モデルとなっている。

装備の違いにより、2グレードが設定されている。ベーシックグレードの15RSでも、ABS/EBDをはじめ、高強度安全ボディ、前席アクティブヘッドレストなど安全装備は充実している。上級グレードの15RXでの最大のトピックは、センタークラスターに新開発のインテリジェントコントロールディスプレイが装備されたことだろう。これは、エアコンの操作に加えて、「ノーマル」「スポーツ」「エコ」の3種類のドライブモードの切り替えが可能というものだ。ドライバーがそれぞれのモードを選択すると、各スイッチはモードにあわせて表示内容を切り替え、ディスプレイにはエアコン設定温度を始め、トルクやエンジンパワー、燃費情報など様々な車両・走行情報が表示される。

価格はベーシックグレード、15RSが169万500円。上級グレードの15RXが179万250円。
POINT
1ボディサイドはマッチョな雰囲気
リアコンビランプはZとの共通性を演出
日産ジューク リアスタイル|ニューモデル速報
2メーターやセンターコンソールは
バイクのイメージが盛り込まれた
日産ジューク インパネ|ニューモデル速報
3特徴的なドアトリムは
スキューバダイビングのフィンのイメージ
日産ジューク シート|ニューモデル速報
415RXに採用される
新開発の車両制御ディスプレイ
日産ジューク インテリジェントコントロールディスプレイ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード15RS15RX
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4135×1765×1565
ホイールベース(mm)2530
車両重量(kg)1170
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1498
最高出力[kW(ps)rpm]84(114)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]150(15.3)/4000
10・15モード燃費(km/L)19.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/52
車両本体価格(万円)169.05179.025
■発表日:平成22年6月9日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027