新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサWRX STI 4ドアセダン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサWRX STI 4ドアセダン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/07/02)

4ドアセダンのロードスポーツモデルが復活
意のままに操る愉しさが追求された

スバル インプレッサWRX STI 4ドア|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のスパークシルバー・メタリック、新色のプラズマブルー・シリカを含む全6色
コンセプト
足回りを中心にチューニングが施され
WRX STIの名に恥じぬ走行性能を実現
インプレッサ 5ドアモデルのみにWRX STIとして集約されていたロードスポーツモデルが、4ドアセダンとしても復活を果たした。2007年6月に、現行モデルにバトンタッチをしたインプレッサSTI以来、3年ぶりとなる4ドアモデルの復活だ。

WRX STIの新しい世界観を表現するモデルとメーカーでは謳っている。コンセプトは「WRX STIとしての走りを極める」。サスペンションと前後ダンパーは最適化が図られ、これに合わせて車高を5mm下げることで、操縦安定性の向上と確実な路面追従性が実現されている。床下には大型アンダーカバーが配され、空力性能の向上も考慮された。これらシャーシを中心とする改良により運動性能が向上、意のままに操る愉しさが追求されている。
内外装
迫力のあるボディワーク
カラーコーディネイトされた室内
エクステリアは、ワイド・アンド・ローをデザインコンセプトに、新しいAWDスポーツにふさわしい、力強さと存在感を表現しているという。バンパーコーナーの張り出しやフォグランプ回りの処理、エッジを利かせたフェンダーなどにより、力強く安定感のあるフォルムが実現された。フロントグリルは黒を基調としたものを採用。大開口のロワグリルと合わせて、迫力のあるフロントマスクとなっている。

インテリアは「大人のプレミアムスポーツインテリア」をテーマに、カラーコーディネイトが刷新された。インパネ、ドアトリム、ステアリングにダークキャストメタリック色を採用。シルバーの加飾部とコントラストにより、スポーティな運転席回りが演出されている。ラグジュアリーなAT仕様のWRX STI A-Lineでは、プレミアムタンインテリアもオプションで用意される。
バリエーション
2Lと6MTの組み合わせによるWRX STI
2.5L+5ATのWRX STI A-Lineも用意
ラインナップは、308ps/43.0kg-mを発生する2Lの水平対向4気筒DOHCエンジン+ツインスクロールターボに6速MTを組み合わせたWRX STIと、300ps/35.7kg-mの2.5L水平対向4気筒DOHCエンジン+ターボに5ATを組み合わせたWRX STI A-Lineの2モデル展開だ。2Lモデルは大型のリアスポイラーで走りを訴求した本格派、2.5Lはオプションで前述のタンインテリアや、サンルーフ(A-Lineプレミアムパッケージに設定)、地デジ対応ナビなども用意するラグジュアリーなキャラクターとなっている。

価格はWRX STIが373万8000円、同A-Lineが315万円となる。
POINT
1力強さと存在感を表現した
迫力のあるエクステリア
スバル インプレッサWRX STI 4ドア リアスタイル|ニューモデル速報
2色のコントラストにより
迫力を増したインパネ回り
スバル インプレッサWRX STI 4ドア インパネ|ニューモデル速報
3トランクスルーも用意され
使い勝手も配慮されている
スバル インプレッサWRX STI 4ドア トランクスルー|ニューモデル速報
42Lターボ+6MT車には
大型リアスポイラーが装備される
スバル インプレッサWRX STI 4ドア リアスポイラー|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードWRX STI A-LineWRX STI
駆動方式4WD
トランスミッション5AT6MT
全長×全幅×全高(mm)4580×1795×1470
ホイールベース(mm)2625
車両重量(kg)1490
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)24571994
最高出力[kW(ps)rpm]221(300)/6200227(308)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/2800-6000422(43.0)/4400
10・15モード燃費(km/L)10.010.4
ガソリン種類/容量(L)無鉛プレミアム/60
車両本体価格(万円)315.0373.8
■発表日:平成22年7月1日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027