新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリードスパイク【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリードスパイク【新型車】 / navi

(2010/07/09)

フリードの使い勝手の良さはそのままに
遊びを広げる、カーゴルームの機能を充実

ホンダ フリードスパイク|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のプレミアムホワイト・パールを含む全8色
コンセプト
広大なカーゴルームをどう使うかはユーザー次第
“可能性”を搭載するコンパクト
4.2mちょっとの全長で7人乗りを実現し、広さと実用性を両立。人気を博しているホンダフリードのパッケージング技術はそのままに、3列目シートを廃し、荷室の機能性を追求したモデルがフリードスパイクだ。フリードの先代、モビリオとモビリオスパイクのような関係と考えれば、その立ち位置が理解しやすいだろう。

キャッチフレーズは「可能性搭載コンパクト」。趣味や遊びの基点となる“走るベースキャンプ”の創造が目指された。カーゴルームの開口部は高さ1080mm、最大開口幅は1160mmを実現。ホンダ独自の低床技術により、地上高は515mm~を実現している。

床には、前後に180度回転させることで、カーゴルームのフロア高を変えられる、反転フロアボードが採用された。左右に分割されているので、荷物の大きさや量によってフロア高を使い分けることも可能になっている。リアシートを折り畳むと、反転フロアボードを高くした状態と同じ高さになる。このリアシートと反転フロアボードの組み合わせにより、多彩なアレンジが可能となっている。シートアレンジによっては、マウンテンバイク2台をそのまま積むことや、サーフボードの積載、エアベッドを敷くことも可能だとメーカーでは謳っている。

また、フリードではリアクオーターウインドウとなっている部分をパネル化。内部は小物を置いたり、ちょっとした作業をするときに便利なビルトインテーブルや、カーゴスポットライト、ポケットやトレイなどのリアサイドユーティリティが設けられた。加えて、フロアやルーフには荷物を固定させるのに便利なフックも装備されている。
内外装
フリードにタフさを加えたフロントフェイス
アクティブさ、タフさを表現した室内
エクステリアは、ベースとなったフリードをよりアクティブに機能的に表現したものが採用された。ガンメタリックのフロントグリルや精悍なイメージのヘッドライト、バンパーなど、フリードとはひと味違うフロントフェイスとなっている。ボディ同色のリアクオーターパネルは、カーゴルームの広さや大きさを感じさせるための演出だ。ブラックアウトされたピラーガーニッシュやリアコンビランプなどはタフさ、機能的な個性を主張するものだという。

インテリアは、フリードに準拠したものとされた。色調には工夫が凝らされ、アクティブさ、タフさをイメージさせるブラック内装を基調としたものが採用されている。フリードとの違いは、インテリアパネルに施されたチタン調の加飾や、ステアリングホイールのスポーク部に配したガーニッシュなど。なお、フリードではオプションとなっている運転席/助手席用のドリンクホルダーリング照明が標準装備されている。
バリエーション
パワートレインはフリードと共通
モデルによっては大型スカイルーフも装備
コンパクトボディにゆとりの空間を確保した、高効率パッケージはフリード譲り。子供やお年寄りでも無理なく乗降できるワンステップフロアや1265mmという室内高による楽なウォークスルーなど、ホンダ独自の低床・低重心パッケージを有効的に活用している。一部グレードには、前後1125mm×左右770mmという大型のガラスを採用したスカイルーフも用意された。

パワートレインはフリードと共通の118ps/14.7kg-mを発生する1.5LのSOHC i-VTECで、FFモデルはトルクコンバーター付きCVT、4WDモデルは5速ATが組み合わされる。

価格はエントリーグレード、Cの2WD車が159万8000円。最上級グレードのGiエアロが246万8000円となる。
POINT
1リアクォーターパネルなど
フリードとの差別化が図られた
ホンダ フリードスパイク リアスタイル|ニューモデル速報
2室内はブラックが基調
チタン調のインパネを採用
ホンダ フリードスパイク インパネ|ニューモデル速報
3リアシートはダイブダウン機能と
ゆったりした座り心地を両立
ホンダ フリードスパイク シート|ニューモデル速報
4作業台なども備わる
リアサイドユーティリティ
ホンダ フリードスパイク スカイドーム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードCGジャストセレクションGi エアロ
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT5ATCVT
全長×全幅×全高(mm)4210×1695×17154210×1695×17454210×1695×1715
ホイールベース(mm)2740
車両重量(kg)127013801320
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHC
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]87(118)/6600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]144(14.7)/4800
10・15モード燃費(km/L)16.414.016.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42
車両本体価格(万円)159.8198.7246.8
■発表日:平成22年7月8日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
8
down
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027