新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 マーチ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 マーチ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/07/13)

マーチらしさを継承しながら
燃費性能を大幅に向上させた4代目

<img src="http://d2i6c6y1xqgf7t.cloudfront.net/media/newmodel/thum- NI_1007March01.jpg" width="400" height="300" alt="日産マーチ|ニューモデル速報" />
↑ボディカラーは写真のスプリンググリーンを含む全9色
コンセプト
1.2Lの3気筒エンジンは
ガソリン車最高水準の燃費性能
約28年にわたって、日産のボトムを支えてきたコンパクトハッチバック、マーチが約8年半ぶりにフルモデルチェンジを果たした。

従来型で人気を博した多彩なボディカラーや小回り性能、運転のしやすさはそのまま継承しながら、燃費性能の改善を見据えて新開発された1.2Lの3気筒DOHCエンジンを採用。全車にワイドな変速比幅をもつ、副変速機付きの新型エクストロニックCVTが組み合わされる。

10・15モード燃費はFFモデルで24km/L、4WDモデルでも20km/Lを達成。さらにFFモデルの上級グレードにはアイドリングストップ機構が組み込まれており、10・15モード燃費は26km/Lとなる。新型では、全モデルが75%のエコカー減税対象となっている。これらによって、コンセプトは「フレンドリー エコハッチバック」とされた。親密さと経済性の高さが追求されている。
内外装
マーチらしさが継承されたエクステリア
室内は曲線主体で守られ感を演出
丸いヘッドランプやアーチを描くサイドウインドウなど、エクステリアデザインは、マーチらしさが継承された。新型の特徴としては、運転時に車両感覚をつかみやすくするためのフロントフェンダーの盛り上がりや、タイヤをボディ四隅に寄せたデザインなどにより、キビキビ感を演出。

ウエストライン下のふくらんだキャラクターラインは、しっかりとした守られ感を演出したものだという。また後端でわずかに跳ね上げられた流線形のルーフラインは、後方へ流れる空気を最適に整流し、空気抵抗を抑えるための工夫だ。ルーフラインが延ばされたことで、後席の居住性にも貢献しているという。

インテリアは、センタークラスターを挟んで、運転席側のメーターナセルや助手席ダッシュボードに丸みを与えたツインバブル形状が特徴。これは守られ感を狙ったものだという。上級グレードはツートーンカラーとなっており、ファッショナブルさ、開放感などが演出されている。

パッケージングにも工夫が施されており、運転席は先代モデルより10mm上げられたことで、見晴らしの良さや乗降性が向上した。フロントウインドウも上下・左右ともに拡大されており、停止線で止まっても頭上の信号が確認しやすくなっている。後席の居住性もニールーム、ヘッドルームともに広げられた。キャビンの広さはクラストップだとメーカーは謳っている。
バリエーション
ベースグレードでも装備は充実
オーテック版のボレロもラインナップ
前述のとおり、パワートレインは全モデル共通。ベースグレードの12Sにはアイドリングストップ機構が備わらないが、EBDやABS、リアワイパーといった安全にかかわる装備に抜かりはない。12Xはインテリジェントキーやドアロック連動自動格納機能付きドアミラーが備わる中間グレード。最上級の12Gでは、オートエアコンがプラスされる。12Sと12GはFFのほかに、4WDも選択が可能。

12Gのメーター内ディスプレイがユニークだ。半ドアやパーキングブレーキのかけ忘れなどを知らせるウォーニングランプもちろん、縦列駐車や駐車時などで、タイヤの向きを教えてくれるタイヤアングルインジケーター機能や誕生日などをお祝いしてくれるアニバーサリー表示なども備わっている。

先代に用意されたオーテックによるドレスアップモデル、ボレロも用意される。こちらは、メッシュ状の大型グリルや専用バンパー、ワインカラーのシート地およびフィニッシャーなど素のマーチより抑えめで上品な内外装となっている。また、助手席回転シートを採用したライフケアビークル、アンシャンテも2011年1月に登場の予定だ。

価格はエントリーグレード、12Sの99万9600円から、4WDモデルの12G FOURの164万4300円まで。アイドリングストップを備えるFFの12Gは146万8950円となる。
POINT
1キックアップされたルーフ後端
空力と後席の居住性に貢献
日産マーチ リアスタイル|ニューモデル速報
2守られ感を演出する
ツインバブル形状のインパネ
日産マーチ インパネ|ニューモデル速報
3クラストップの室内空間
前後席ともに居住性が向上
日産マーチ シート|ニューモデル速報
4燃費性能に優れる
新開発となる1.2Lの直3エンジン
日産マーチ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード12S12X FOUR12G
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3780×1665×15153780×1665×15253780×1665×1515
ホイールベース(mm)2450
車両重量(kg)9401030960
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)1198
最高出力[kW(ps)rpm]58(79)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]106(10.8)/4400
10・15モード燃費(km/L)24.020.026.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/41
車両本体価格(万円)99.96140.49146.895
■発表日:平成22年7月13日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027