新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウス マイナーチェンジ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウス マイナーチェンジ【スクープ!】 / navi

(2010/07/22)

調査報告書 2010年7月
File No.046

トヨタ プリウス

※2010年7月22日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ プリウス|ニューモデル速報
トヨタ プリウス ヒートブルー|ニューモデル速報トヨタ プリウス アクティブヘッドレスト|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2011年9月
●全長x全幅x全高:4460×1745×1490(mm)
●搭載エンジン:1.8L 直4+ハイブリッド
約1年後に行われるマイナーチェンジの概要をチェック!

一連のブレーキ騒動もどこ吹く風。2010年9月までと期限が迫った、エコカー補助金(2010年7月20日時点)も追い風となり、絶好調のプリウス。来年秋ともいわれるマイナーチェンジ(以下、MC)の概要に迫ってみよう。

例の騒動で、ブレーキフィーリングの改善が行われたのは記憶に新しいが、実はこの改善はMC時に行われる予定だったという。今回は、現在MCに向けて検討されている手直し案を紹介していく。プリウスの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしていただきたい。

エクステリアでは、トヨタ/レクサスのハイブリッド車に統一して展開されているヒートブルーエンブレム(写真右上)による差別化戦略が見直されるようだ。場合によっては廃止もあり得るという。ほかには、省電力と見た目のクールさが魅力的なLED式のポジションランプの採用や、ドアミラーサイズの縮小、アルミホイールのデザイン変更などが盛り込まれる。

次に内装だが、インパネにソフトパッドが採用されるようだ。シボは刻まれているものの、プラスチッキーな印象が否めなかった現行型から質感が高められるだろう。ただし、現行型で、ドアアームレストの一部やシフトレバー周辺、エアコンルーバーなどに配されているシルバー加飾は見直される模様。質素にならなければよいのだが…。

代わりといってはなんだが、装備は充実するだろう。車両セッティングの都合上、現在は標準モデル専用オプションのソーラーベンチレーションは拡大採用される。さらにJBLオーディオもオプション設定されるようだ。最後に気になる情報を。追突時に頸部障害を低減するアクティブ・ヘッドレスト(写真右下)はコストを抑えるため廃止の方向にあるようだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027