新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー カングービボップ【新型車】 / navi

クルマニュース

ルノー カングービボップ【新型車】 / navi

(2010/07/16)

ルドスパス(遊びの空間)のコンセプトはそのままに
オープンエアの開放感をプラスしたショート版カングー

ルノー カングービボップ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のブラン グラシエM+グリ シデラルMを含む全3色
コンセプト
毎日をおしゃれに楽しく
ライフスタイルに寄り添うパートナー
広大な室内空間、豊富なユーティリティを備え、人と荷物を満載して楽しめる「LUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)」をコンセプトとする、ルノーのヒット作、カングーにショートホイールベース版のカングービボップが追加された。

カングービボップは、2007年の東京モーターショーに登場したコンセプトカー「カングー コンパクト コンセプト」をベースに開発。カングーのルドスパスコンセプトはそのままに、乗って楽しいスポーツタイプの車を求める、都会に住む行動派に向けたモデルを目指して仕立てられたモデルになる。その目的は、すべての乗員が空間と光を楽しむこと。広いグラスエリア、開閉式のグラスルーフなどを装備し、オープンカーのような開放感を味わえるモデルが目指された。

カングービボップには、「BE CHIC,BE FUN,BE BOPTIMIST!(ビーシック、ビーファン、ビービボップティミスト!)」というキャッチフレーズが独自に与えられた。グラスルーフとテールゲートグラスを全開にして、オープンエアを楽しみながら、街中をおしゃれに駆け抜けることも(BE CHIC)、リアシートを取り払って、愛犬とともにドッグランに出かけることも(BE FUN)、すべては思いのまま。毎日をおしゃれに楽しく生きる人(BEBOPTIMIST:ビボップティミスト)のライフスタイルにぴったりと寄り添うパートナーがコンセプトだという。
内外装
外観はツートーンのボディカラーが特徴
室内ではポップな色彩のシートが目を惹く
エクステリアは、アーモンド形のヘッドランプや、盛り上がったフェンダー、背の高いフォルムなど、一目でルノー カングーとわかるデザインを継承。ただし、全長はカングー比-345mm、ホイールベースは同-390mmというコンパクトなものになっている。カングーに装備されるリアスライドドアを省略。スクエア形状のボディながら、3ドアに仕立てられた。

ボディカラーは、赤/白/黒いずれかにシルバーが組み合わされるツートーンで、おしゃれさをアピール。なお、発売記念の限定車のみに用意されるオランジェ エタンセルM+グリ シデラルMというオレンジ色もなかなかに鮮やかだ。

インテリアは、インパネ回りなどカングーと同様の意匠が与えられた。ただし、シートカラーは、レッド+ダークブラウンの組み合わせになっている。後席は素のカングーとは違い、左右独立スライド式の2名乗車仕様だ。この後席はフロントシートよりも92mm高い位置に据えられ、見晴らしの良さが追求された。なお、このシートは折り畳むことはもちろん、使わない時は取り外せるので、荷室空間を自由自在にアレンジすることも可能。

テールゲートは、カングーの両開きタイプとは異なり、テールゲートグラスが完全に収納できる片開きのドアタイプになっている。
バリエーション
光に満たされる室内
パワートレインは1.6L+5MTのみ
カングービボップの最大の特徴は、総面積3.9m2という広いグラスエリアだ。ルーフのグラスエリアは、フロント、センター、リアの3パートに分けられた。フロントグラスルーフは、左右2枚の独立したガラスで手動で開閉が可能。センターは固定式だが、ルーフの約3分の1を占める大きなリアグラスルーフは前方にスライドでき、広大なオープンエアを作り出せる。なお、これらのグラスルーフには、紫外線を95%以上、赤外線を84%以上カットするガラスが採用された。

エンジンはカングーと共通の1.6Lの直4DOHCを搭載し、トランスミッションはカングーに採用されている4ATではなく、5MTのみとなる。モノグレードで、価格は234万8000円の設定だ。
POINT
1ツートーンのボディカラー
前方にスライド可能なリアルーフ
ルノー カングービボップ リアスタイル|ニューモデル速報
2カングーと共通の
人間工学に基づいたインパネ
ルノー カングービボップ インパネ|ニューモデル速報
3エクステリアに負けない
ツートーンのシートカラー
ルノー カングービボップ シート|ニューモデル速報
4このオレンジ色は限定30台の
発売記念モデルのみ
ルノー カングービボップ 発売記念限定車|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードカングービボップ
駆動方式FF
トランスミッション5MT
全長×全幅×全高(mm)3870×1830×1840
ホイールベース(mm)2310
車両重量(kg)1370
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]78(105)/5750
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]148(15.1)/3750
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)234.8
■発表日:平成22年7月15日 ■取り扱い:ルノー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027