新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エルグランド【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 エルグランド【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/08/04)

新しい時代にも配慮されたLクラスミニバンのパイオニア
キング・オブ・ミニバンにふさわしい堂々たるモデルチェンジ

日産 エルグランド|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のハイウェイスター専用の新色、オーロラモーヴを含む全5色
コンセプト
コンセプトはダイナミック、ラグジュアリー
多目的車から多人数乗用車へ
日産のLクラスミニバン、エルグランドが、8年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、3代目へと進化した。

新型エルグランドのコンセプトは「ダイナミック、ラグジュアリー」。ゆるぎない存在感、力強さや所有する誇り、優越感など、エルグランドの魅力を進化させたモデルが目指された。さらに、見た目だけではなく使って感じる満足度やセダンを超える快適性の向上などにも挑戦。MPV(Multi Purpose Vehicle=多目的車)から、Multi Passenger Car=多人数乗用車への脱却が図られている。
内外装
格の違いを感じさせる堂々たるエクステリア
特別感と高級・上質を実感できる移動空間
エクステリアは、キング・オブ・ミニバンならではの風格が追求された。バンパーからヘッドランプへとつながる厚みのあるフロントマスクや上下2段式のヘッドランプ、リアでは縦横に構えるコンビランプなど、従来型の押し出しの強さはそのまま。ノーズからボディサイドへダイナミックに流れる線と面との構成や、肩の張ったようなボディサイドパネルによりロー&ワイドなプロポーションが強調されるなど、新たなアクセントも加えられている。

インテリアは、乗る者すべてが感じる高揚感、プライベート感が追求された。運転席はサポート感のあるバケット風のものが採用された。助手席と2列目シートにオットマンが備わるトリプルオットマンとなっている。さらに、2列目シートは世界初となるシートバック中折れ機能も装備。快適なリクライニング姿勢をとることができる。3列目シートは座面形状に最適設計が施され、乗り心地の向上が図られている。同時に、6:4の分割可倒式となり、中央席もきちんと座ることができるという。また、3列目シートはフォールドダウンした状態からワンタッチで電動復帰するシステムが採用された。

装備もキング・オブ・ミニバンの称号どおり充実。Bose社との共同開発によるエルグランド専用の5.1chサラウンドシステム+高精細11インチワイドモニターが、2列目・3列目シート乗員のために用意されている。車室内の音響特性を徹底的にチューニングしたシステムにより、これまでにない臨場感を実現したという。

もう一つ世界初となる装備が、クイックコンフォートシートヒーターだ。これは人間の生理学特性に着目し、シーンにより温める場所を最適化した「すぐ暖まる」「気持ちよい暖かさが続く」シートヒーターだという。初期は人が温かさを感じやすい、太もも裏やお尻を温め、温度が安定してくると、人が気持よいと感じる、太もも裏と腰を重点的に温めるシステムだ。
バリエーション
駆動方式をFFに変更
組み合わされるミッションは6速MT付きエクストロニックCVT
最大の変更点は駆動方式で、従来型の後輪駆動から、前輪駆動に変更されている。新開発のFFプラットフォームが意のままの走りと燃費性能の向上に貢献。4WD仕様もこのFFをベースとしたものだ。エンジンは従来型と同様の3.5LのV6と、ティアナなどに搭載されるQR25DE型2.5Lの直4エンジンの2種類。2.5Lエンジンは徹底した低フリクション化など、エルグランド専用のチューニングが施され、低速トルクも強化されている。

組み合わされるミッションは、6速マニュアルモード付きのエクストロニックCVT-M6で、広いギアレンジと低速域からのロックアップを可能にすることで、優れた燃費性能を実現しているという。

またエコドライブ関連の装備が充実しており、ナビの情報をもとにコーナー手前でエンジンブレーキをかけるナビ協調変速機能や、不要な変速を抑制し燃費に貢献するスマートレブコントロール、ドライバーが特別に意識しなくても、車が自動的にスムーズかつエコな発進をコントロールするスムーズ発進アシストなどが装備される。これらにより、3.5L車は2WD車の一部を除き、50%減税に、2.5L車は全モデル75%減税に適合している。

価格は、FFで8人乗りのエントリーモデル、250XGの307万6500円から、4WDで7人乗りの最上級グレード、350ハイウェイスタープレミアム464万1000円まで。走りの装備を搭載したオーテックによる、エルグランドライダーも用意される。
POINT
1エルグランドらしい風格を表現
ロー&ワイド感を新たに加味
日産 エルグランド リアスタイル|ニューモデル速報
2走りを予感させる3連メーター
高揚感が演出されたインパネ
日産 エルグランド インパネ|ニューモデル速報
3トリプルオットマンなど
ラグジュアリー装備が満載
日産 エルグランド シート|ニューモデル速報
4専用チューニングが施された
新採用の2.5Lの直4DOHCエンジン
日産 エルグランド QR25DEエンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード250XG250ハイウェイスター350ハイウェイスター350ハイウェイスタープレミアム
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4915×1850×18054915×1850×1815
ホイールベース(mm)3020
車両重量(kg)1900192020002080
乗車定員(人)8787
エンジン種類直4DOHCV6DOHC
総排気量(cc)24883498
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/5600206(280)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]245(25.0)/3900344(35.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)11.611.49.89.3
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/74プレミアム/74
車両本体価格(万円)307.65366.45385.35464.1
■発表日:平成22年8月4日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027