新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ MRワゴン/日産 モコ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

スズキ MRワゴン/日産 モコ【スクープ!】 / navi

(2010/08/19)

調査報告書 2010年8月
File No.049

スズキ MRワゴン/日産 モコ

※2010年8月19日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

スズキ MRワゴン 予想イラスト|ニューモデル速報
スズキ MRワゴン ナマ写真|ニューモデル速報スズキ  MRワゴン 現行モデル|ニューモデル速報" width=

Photo/マガジンX編集部

スクエアボディに変身し、居住性が大幅アップ!

看板車種のワゴンRアルトを一新。フォルクスワーゲン社との提携も決まるなど、ノリに乗っているスズキ。スクープ班は新しい軽自動車の情報をキャッチした。MRワゴン(および、OEM供給される日産モコ)の次期型モデルだ。

ナマ写真(写真右上)と予想イラスト(写真左)をご覧いただきたい。次期型MRワゴンの特徴が読み取れる。例えば、リアコンビランプは現行モデル(写真右下)ではバックウインドウと同じ高さに設けられているが、ナマ写真でも同じ位置に配置されている。

またボディ側面に注目すると、ウインドウ下に設けられた明確なショルダー面と、後ろ上がりに設計されたリアドアのウインドウからMRワゴンらしさが伝わってくる。さらに次期モデルでは、広くなるキャビンを外観デザインを通じて訴求するべく、リアドアのサッシュに黒いガーニッシュが施されるようだ。この手法はワゴンRでも採用されたものだ。

新しい特徴としては、四角いグリーンハウスだろう。スズキラパンやトヨタbBを思わせる平たいルーフと直線状のウインドウ上辺により、クールな印象を獲得。愛らしさが強すぎた現行モデルのテイストが適度にトーンダウンされるだろう。ボディ前半も切り立ったAピラーやスクエアなノーズによって、ボクシーな雰囲気が演出される見込み。

次期型MRワゴンはプラットフォームの後ろ半分を刷新。ワゴンRパレットから流用されたものを採用するようだ。ホイールベースが延長され、後席の居住性や、走行安定性に貢献することになる。ミッションはアルトに続いて副変速機付きCVTが用いられ、VVTエンジンと併せて、スムーズな走りと低燃費がもたらされることは想像に難くない。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027