新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ スイフト【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スズキ スイフト【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/08/26)

パワートレインとプラットフォームを刷新
走り・デザイン・環境性能、すべてが進化

スズキ スイフト|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のアブレイズレッドパール2を含む全6色
コンセプト
スズキ自慢のハンドリング性能を
さらに進化させた新プラットフォーム
スズキの世界戦略車として、欧州・オセアニア・アジア市場に輸出。成功を収めているスイフトが3代目にモデルチェンジした。

コンセプトは「モア スイフト」。従来型のスイフトの魅力を全方位的にスープアップさせることを目指して開発された。ボディ骨格に高張力鋼板を積極的に採用し、軽量化と剛性の向上の両立が図られている。これにより、従来型比で、FFのCVTモデルは10kgの軽量化を実現し、ねじり剛性が約15%向上したという。

前:マクファーソンストラット/後:トーションビームというサスペンション形式は従来型と同様だが、トーションビームの断面を二重構造とし、スタビライザーの機能をアクスルにもたせたことなどで、ロール剛性を25%向上。約2kgの軽量化もあわせて実現された。ほかにもリアハブのユニット化により、バネ下重量の軽減化が図られている。

ハンドリング性能も向上している。アームブッシュの配置方式を変更することで、コーナリング時のトー変化の最適化が図られた。ステアリングには、可変ギアレシオを採用。操作に即時反応するクイックなハンドリングを目指さすと同時に、すえ切り時には軽い操作が可能となっている。操舵感は高剛性ジョイントにより、リニアかつ剛性感のあるものが実現された。

ブレーキ性能もブースターのサーボ比の最適化が図られ、ダイレクトなブレーキフィールを実現したという。また、アクセルとブレーキの両方を操作した際に、ブレーキの動作を優先するブレーキオーバーライドシステムを採用。安全性能にも配慮されている。
内外装
従来型の外装に力強さと情感をプラス
精悍でスポーティなインテリア
エクステリアは、力強く張り出した前後のフェンダーや、勢いのあるショルダーラインなど、ひと目でスイフトとわかるキープコンセプトのデザインが採用された。ボンネットから連続してロワグリルをぐるりと囲むU字モチーフのフロントデザインや、存在感のある大型ヘッドランプなど、従来型をよりダイナミックかつ、エモーショナルに進化させている。

インテリアは、黒を基調に随所にシルバー加飾を施すことで、コントラストを強調。精悍でスポーティなインテリアだ。センターパネルに主要なスイッチを操作しやすい配置で設定。スピードメーターとタコメーターの間に、外気温・シフトポジション・オドメーターに加え、瞬間燃費/平均燃費/航続可能距離/トリップメーターを切り替え表示するマルチインフォメーションディスプレイが設置されるなど、ユーザーインターフェイスも配慮されている。

シートは、リフターの調整幅を上方で36mm、下方で20mm拡大。運転姿勢が取りやすくなっている。シートセンターにウェーブ状のデザインを採用することで、引き締まった黒の中に「流れとゆらぎ」を表現したという。シートバック背面のデザインにも工夫が凝らされ、後席ひざ回りの空間が20mm拡大している。なお、ドアミラーは縦方向に+10mm、横方向に+8mm大型化され、後方視界が向上した。

バリエーション
VVTエンジンと新型CVTで燃費性能が向上
駆動方式はFFと4WDを用意
エンジンは1.2Lの直4DOHCに一本化された。新たに吸排気に可変バルブタイミング機構のVVTを採用。低・中速域やアイドリング領域での燃費性能向上と、全域でのフラットなトルク特性の両立が図られている。また、バルブ回りの軽量化も実施され、駆動ロスが低減されたという。ミッションは、副変速機構付きの新CVTと5MTから選択が可能。4ATは廃止された。駆動方式はFFと4WDが用意され、4WDは全モデルCVTとの組み合わせになる。

CVTとVVTエンジンを搭載したFF車の10・15モード燃費は従来型比+2km/Lの23.0km/Lを実現している。5MT車は21.0km/L、4WD+CVT車は20.0km/L。全モデルがエコカー減税の対象になっている。

価格は、FFのエントリーグレード、XGの124万4250円(5MT/CVT)から、4WD+CVTの最上級グレード、XSの165万3750円まで。
POINT
1黒を基調にシルバーの
加飾をピンポイントで配置
スズキ スイフト インパネ|ニューモデル速報
2引き締まった黒内装
シートは「流れとゆらぎ」を表現
スズキ スイフト シート|ニューモデル速報
3吸排気ともにVVT化された
1.2Lの直4DOHC
スズキ スイフト エンジン|ニューモデル速報
4燃費性能に貢献する
副変速機構付きの新CVT
スズキ スイフト CVT|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードXGXLXS
駆動方式FF4WD
トランスミッション5MTCVT
全長×全幅×全高(mm)3850×1695×15103800×1695×1535
ホイールベース(mm)2430
車両重量(kg)9709901080
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1242
最高出力[kW(ps)rpm]67(91)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]118(12.0)/4800
10・15モード燃費(km/L)21.023.020.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42レギュラー/40
車両本体価格(万円)124.425131.775165.375
■発表日:平成22年8月26日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027