新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス ISシリーズ【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス ISシリーズ【マイナーチェンジ】 / navi

(2010/08/26)

外装を中心としたマイナーチェンジを実施、足回りを強化したF SPORTSを追加

  • レクサス IS|ニューモデル速報
  • レクサス IS F SPORT|ニューモデル速報
↑グリルなどの意匠が変更され、精悍さを増した(左) 新たに設定されたF SPORTは、IS Fを連想させるスポーティな出で立ちだ(右)
レクサスのエントリーモデルに当たり、日本市場でも持て余さないサイズ感が魅力的な4ドアセダンのISが、コンバーチブルモデルやV8エンジンを搭載したホットモデルのIS Fも含めてマイナーチェンジを実施した。

全モデル共通の変更点として、ヘッドランプにL字型のLEDポジショニングランプが追加された。シャープな印象の強いISにふさわしい変更といえる。加えてステアリングスイッチベースなどに、アルミ調の加飾が施された。そして、国内仕様は180km/hでスピードリミッターが作動するものの、スピードメーター表示が260km/h(IS Fは330km/h)まで設定されている。

モデル別に見ていくと、4ドアセダンはフロントのグリルやバンパー、リアコンビネーションランプ、アルミホイールのデザインに変更が施された。2.5LのFFモデルは、エンジンやトランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良し、10・15モード燃費で従来型比+0.4km/Lの12.2km/Lに向上した。これにより、50%のエコカー減税対象となった。ボディカラーには、新色ラピスラズリマイカ、スターライトブラックガラスフレーク、シルバリーブルーメタリックなど全11色が用意された。

新たに足回りを強化したスポーティグレード、F SPORTが追加されたこともトピックだ。コイルスプリングやショックアブソーバーに加え、リアのスタビライザーやブッシュなどを含めたサスペンション設定となっている。外観も専用のフロントグリルや前後スポイラーなどが採用され、迫力のあるデザインに。内装ではヌバック調ファブリックと本革による専用スポーツシートや「F SPORT」のロゴが施された本革ステアリングやシフトノブが備えられた。

次にコンバーチブルモデルだが、セダン同様に新色ラピスラズリマイカが追加され、全9色のラインナップとなった。内装色もブラック&レッド、ライトグレー、サドルタンなど7パターンが用意される。また、すべての窓を一括で開閉できるスイッチが新たに設定され、オープン時の利便性が追求された。さらに、従来型では2.5Lのみだったエンジンラインナップに、セダンモデルに用意されている3.5LのV6DOHCを搭載した「IS 350C」が追加された。

最後に5LのV8DOHCエンジンを積んだホットモデル、IS Fだが、サスペンションのコイルスプリング、ショックアブソーバーやブッシュ類、リアサスペンションのキャンパー角などのセッティングが変更された。また、HDDナビゲーションの位置確認機能により、利用可能エリア内での「サーキットモード」が設定された。さらにデジタルスピードメーターやスピードアップインジケーター内蔵のタコメーターを配置するなど、硬派ぶりに拍車がかかった。シートクッションの改良により、着座時のフィット感の向上も図られている。

価格は2.5Lエンジン+FRのエントリーグレード、IS250の398万円から、5LのV8を搭載する、IS Fの790万円まで。エントリーグレードはFR/4WDともに60,000円、IS Fは100,000円の価格上昇となったが、他モデルは、グレードごとに多少の変更が見られるものの、概ね価格に変動はない。また、コンバーチブルモデルに新たに追加されたIS350Cは、620万円に設定された。
グレードIS250IS350 F SPORTIS350CIS F
駆動方式FR
トランスミッション6AT8AT
全長×全幅×全高(mm)4585×1795×14304585×1795×14354635×1795×14154660×1815×1415
ホイールベース(mm)2730
車両重量(kg)1570160017501690
乗車定員(人)54
エンジン種類V6 DOHCV8 DOHC
総排気量(cc)249934564968
最高出力[kW(ps)rpm]158(215)/6400234(318)/6400311(423)/6600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]260(26.5)/3800380(38.7)/4800505(51.5)/5200
10・15モード燃費(km/L)12.210.08.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/65プレミアム/64
車両本体価格(万円)398.0538.0620.0790.0
■発表日:平成22年8月25日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027