新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ バモス/バモスホビオ/アクティバン【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ バモス/バモスホビオ/アクティバン【マイナーチェンジ】 / navi

(2010/08/26)

JC08モード走行燃費に対応

  • ホンダ バモス|ニューモデル速報
  • ホンダ バモスホビオ|ニューモデル速報
↑13インチタイヤとローダウンサスペンションが標準装備された。右はバモスホビオ、外装は特に変更されていない
広い室内空間と個性的なスタイルで人気の軽自動車、バモス。その兄弟車で、独自のグリルが与えられ、ハイルーフ化が施されたバモスホビオ、商用バンのアクティバンがあわせて、マイナーチェンジを行った。

バモスおよび、バモスホビオ両車に共通の変更内容としては、ブルーリング照明付きメーターが採用され、金属調の文字盤が新たに導入されたこと。そして、実際の走行に近い新たな燃費基準JC08モードの走行燃費にも対応したことの2点が挙げられる。

さらにバモスでは前述の内容に加え、新たに13インチタイヤとローダウンサスペンションが標準装備され、スタイリッシュなエクステリアデザインが与えられた。内装の質感も向上されている。インテリアカラーに明るいベージュを追加。また、インストルメントパネルはブラックとベージュのツートーンに改められた。

最後に、アクティバンだが、電波式キーレスエントリーシステムやAM/FMチューナーが全タイプに標準装備された。また、スライド機構およびリクライニング機構付きシートが全モデルに採用されている。

価格はバモスが、MR+5MTのエントリーグレード、Mの123万8500円から、4WD車+4ATの最上級グレード、L・スタイリッシュパッケージの157万2000円まで。バモスホビオは、商用グレードPro5MT車の118万8500円から、乗用モデルの最上級グレード、L(4WD+4AT)の151万円まで。アクティバンは、MR+5MTのエントリーグレードPRO-Aの108万1500円から、4WD+4ATのSDXの129万1500円までとなっている。

価格設定は、エントリーグレードで゙は従来型から小幅な値上がり、他グレードはほぼ変更なしといった設定になっている。
グレードバモス Mバモス Lバモス L・スタイリッシュパッケージ
駆動方式MR4WD
トランスミッション5MT3AT4AT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1755
ホイールベース(mm)2420
車両重量(kg)9909901070
乗車定員(人)4
エンジン種類直3SOHC
総排気量(cc)656
最高出力[kW(ps)rpm]33(45)/550038(52)/7000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]59(6.0)/500062(6.3)/4000
10・15モード燃費(km/L)18.015.814.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/37レギュラー/36
車両本体価格(万円)123.85140.7157.2
■発表日:平成22年8月26日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
6
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
up
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027