新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オーリスハイブリッド【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ オーリスハイブリッド【スクープ!】 / navi

(2010/09/16)

調査報告書 2010年9月
File No.053

トヨタ オーリスハイブリッド

※2010年9月16日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ オーリスハイブリッド ニュル仕様予想イラスト|ニューモデル速報
トヨタ オーリスハイブリッド|ニューモデル速報レクサス LFA ニュル仕様|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想参戦時期2011年5月
●全長x全幅x全高:4355×1850×1485(mm)
●搭載エンジン:2.4L 直4+モーター
2011年ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦

トヨタが世界的なPRの場として活用しているレースがある。ニュルブルクリンク24時間耐久レースだ。このレースに2011年は、トヨタ最大の武器であるハイブリッドモデルで参戦するようだ。

白羽の矢が立ったのは、オーリスハイブリッド(写真右上)。ヨーロッパ市場での認知度アップと拡販を狙っての判断だろう。エンジンはノーマルモデルの1.8Lから、2AZ型の2.4Lに換装され、レース仕様に鍛え上げられる模様。

元々この2.4Lエンジンは、オーリスと同じ新MCプラットフォームを採用する、レクサスHSとSAIにも搭載されているユニット。オーリスへの搭載には、大きな問題は生じないだろう。最大のトピックは、後輪にインホイールモーターが組み込まれることだ。もし事実ならば、2007年の十勝24時間レースに参戦したスープラHV-R以来のインホイールモーターを搭載したレース車になる。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースにおけるトヨタの歴史を簡単に振り返っていこう。2007年にアルテッツァで初挑戦。2008年からは開発中のレクサスLFA(写真右下)で参戦し、2007年と2009年には豊田章男社長(当時は副社長)がドライバーを務めるなど大きなニュースを提供してきた。2010年には、LFAでクラス優勝も果たしている。

ニュースなどの報道でご存じの方も多いと思うが、2010年6月トヨタのマスター・テストドライバーで“ニュルマイスター”と呼ばれた成瀬弘氏が事故により他界された。氏は、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのチーム監督も務めていた。成瀬氏がいない初めてのレースなだけに、トヨタチームにはこのオーリスハイブリッドで好成績を残してほしい。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027