新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オーリスハイブリッド【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ オーリスハイブリッド【スクープ!】 / navi

(2010/09/16)

調査報告書 2010年9月
File No.053

トヨタ オーリスハイブリッド

※2010年9月16日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ オーリスハイブリッド ニュル仕様予想イラスト|ニューモデル速報
トヨタ オーリスハイブリッド|ニューモデル速報レクサス LFA ニュル仕様|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想参戦時期2011年5月
●全長x全幅x全高:4355×1850×1485(mm)
●搭載エンジン:2.4L 直4+モーター
2011年ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦

トヨタが世界的なPRの場として活用しているレースがある。ニュルブルクリンク24時間耐久レースだ。このレースに2011年は、トヨタ最大の武器であるハイブリッドモデルで参戦するようだ。

白羽の矢が立ったのは、オーリスハイブリッド(写真右上)。ヨーロッパ市場での認知度アップと拡販を狙っての判断だろう。エンジンはノーマルモデルの1.8Lから、2AZ型の2.4Lに換装され、レース仕様に鍛え上げられる模様。

元々この2.4Lエンジンは、オーリスと同じ新MCプラットフォームを採用する、レクサスHSとSAIにも搭載されているユニット。オーリスへの搭載には、大きな問題は生じないだろう。最大のトピックは、後輪にインホイールモーターが組み込まれることだ。もし事実ならば、2007年の十勝24時間レースに参戦したスープラHV-R以来のインホイールモーターを搭載したレース車になる。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースにおけるトヨタの歴史を簡単に振り返っていこう。2007年にアルテッツァで初挑戦。2008年からは開発中のレクサスLFA(写真右下)で参戦し、2007年と2009年には豊田章男社長(当時は副社長)がドライバーを務めるなど大きなニュースを提供してきた。2010年には、LFAでクラス優勝も果たしている。

ニュースなどの報道でご存じの方も多いと思うが、2010年6月トヨタのマスター・テストドライバーで“ニュルマイスター”と呼ばれた成瀬弘氏が事故により他界された。氏は、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのチーム監督も務めていた。成瀬氏がいない初めてのレースなだけに、トヨタチームにはこのオーリスハイブリッドで好成績を残してほしい。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027