新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 5シリーズツーリング【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW 5シリーズツーリング【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/09/28)

あらゆるシーンに対応する多彩な才能を備えたツーリングモデル

BMW 5シリーズ ツーリング|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のインペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクトを含む全12色
2010年3月にフルモデルチェンジを果たしたBMWの中核モデル、5シリーズにツーリング(ステーションワゴン)モデルが追加された。

エクステリアは、伸びやかなエンジンフード、ショートオーバーハング、ロングホイールベースなど、セダンと同様のエレガントさに加え、力強くスポーティなハッチゲートがリアエンドに与えられた。BMWの特徴の一つ、ホフマイスター・キンク(サイドウインドウがリアピラー下端で“く”の字形にキックアップするグラフィック)が施されることで、サイドビューに躍動感が演出されている。

インテリアは、約7度運転席側に向けて傾けられたセンターコンソールなど、ほぼセダンに準じた機能性とモダンさが追求されたデザインになっている。最大の魅力は、ツーリングモデルならではの多彩な収納スペース。40:20:40に3分割可能な可倒式リアシートにより、荷物に応じたラゲージスペースが実現された。テールゲート全体を開けることなく、小さな荷物の出し入れが可能な独立開閉式リアウインドウや、小物を収納できるアンダー・フロア・ストレージも備えられている。また、リアシートを完全に折りたたんだ状態でも荷室が使用でき、かつ、前席乗員の安全が確保されるラゲージパーティションネットも標準装備された。

さらに、オプションの「ラゲージ・コンパートメント・パッケージ」では、後席バックレストの角度調節が最大11度まで可能となり、ラゲージ容量は通常よりさらに約30L広がるという。フック付きのパーセルレールも装備され、BMW純正アクセサリーのインテリアバイシクルホルダーの使用で、リアシートを倒した状態で2台のマウンテンバイクを収納することも可能だそうだ。

パワートレインは、5シリーズセダンに準じた内容になる。BMW独自のエフィシエントダイナミクス理念に基づく、優れた環境性能と卓越したパフォーマンスの両立が図られた。エンジンは2.5L/3L/3L+ターボの3種類。全モデルともに8速ATとブレーキ・エネルギー回生システムが組み合わされる。なお、2.5L 直列6気筒エンジン搭載の523iツーリングは、523iセダンと同様に、50%のエコカー減税対象となっている。

価格は2.5Lエンジンの523iツーリングが640万円、3L+ターボを搭載する535iツーリングが865万円となる。
グレード523iツーリング528iツーリング535iツーリング
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4915×1860×1490
ホイールベース(mm)2970
車両重量(kg)1880--
乗車定員(人)5
エンジン種類直6DOHC直6DOHC+ターボ
総排気量(cc)249629962979
最高出力[kW(ps)rpm]150(204)/6300190(258)/6600225(306)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/2750~3000310(31.6)/2600~3000400(40.8)/1200~5000
10・15モード燃費(km/L)10.4-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)640745865
■発表日:平成22年9月24日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027