新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウスα/V【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウスα/V【スクープ!】 / navi

(2010/10/07)

調査報告書 2010年10月
File No.055

トヨタ プリウスα/プリウスV

※2010年10月7日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ プリウスα|ニューモデル速報
トヨタ プリウスα サイドビュー|ニューモデル速報トヨタ プリウスα リヤビュー|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2011年5月
●全長x全幅x全高:4590×1770×1585(mm)
●搭載エンジン:1.8L 直4+モーター
ついにナマ写真をキャッチしたプリウス派生ミニバン

File No.013File No.034でお届けしたプリウス派生ミニバンだが、スクープ班はついに試作車のナマ写真をキャッチした。また、市販名も決定したようだ。車名は“プリウスα”そして“プリウスV”の線が濃厚だ。

αとVの違いとは? αは3列目シートを設けた7人乗りミニバン。一方Vは、2列シート5人乗りの廉価版ワゴンになる。これは、本家プリウスの価格引き下げに合わせて、派生ミニバンも価格設定の見直しを迫られたことに起因する。

実は低価格のプリウスVは、以前にお伝えした運転席・助手席間へのリチウムイオンバッテリーの搭載は見送られ、ニッケル水素バッテリーがプリウス同様にラゲージ床下に搭載されることになる。このため3列目シートの設置が不可能になり、2列シートのワゴンとして売り出されることになるようだ。αには当初の予定どおり、リチウムイオンが搭載される。

ちなみにプリウスαは「いざという時、さらに2名が乗れるプラスαの価値」を示すのが狙い。プリウスVは「3列目シートが省かれ、ニッケル水素バッテリー搭載でバリュー(Value=お買い得感)を高めた」モデルという意味合いをもつようだ。ともにプリウスの名が冠されるのは、販売ランキング1位の座を守り続けたいという意図があるに違いない。

スクープ写真からもわかるとおり、空気抵抗の少なそうな、ワンモーションフォルムのフロントノーズからルーフ回り、サイドウインドウ上辺の円弧を描くようなデザイン処理など、プリウスを連想させるエクステリアとなっている。また、File No.013で紹介した樹脂製のパノラミックルーフも見て取れる。発表は2011年1月のデトロイトショーの可能性が高い。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027