新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フィットワゴン【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ フィットワゴン【スクープ!】 / navi

(2010/10/14)

調査報告書 2010年10月
File No.056

ホンダ フィットワゴン

※2010年10月14日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ フィットワゴン|ニューモデル速報
ホンダ エアウェイブ|ニューモデル速報ホンダ フィットハイブリッド|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2011年2月
●全長x全幅x全高:4300×1695×1525(mm)
●搭載エンジン:1.5L 直4ほか
大人気のフィットにワゴンが登場

2010年8月末をもって生産が終了したホンダの5ナンバーワゴン、エアウェイブ(写真右上)。後継車は、ハイブリッド仕様も加わり、ますます好評のフィットをベースとしたワゴンになるようだ。

ワゴン化に伴う重量増をカバーするため、ガソリン車の搭載エンジンは1.5Lに限定される模様。なぜ、ここで「ガソリン車の」と表現したかと言うと、フィット同様ハイブリッド仕様が用意されるからだ。

こちらには、フィットハイブリッド(写真右下)と同じ1.3L+モーターのIMAが搭載される可能性が高い。駆動用バッテリーと制御ユニットはラゲージルーム下に収められることになるだろう。グレード展開は、ガソリン車/ハイブリッド車ともベーシックな「G」、中核の「X」、そして上級の「L」で構成される模様。

オプション設定も判明している。電動格納式ドアミラー、プライバシーガラス、運転席上下アジャスターなどは「X」と「L」に標準装備、「G」にはオプションで用意される。また、キー操作が不要なスマートキーは「L」に装備されるものの、その他モデルには、オプション設定すらないようだ。「L」にはETC車載器が装備されることも取材で判明している。

さらに、スクープ班は月販目標台数の情報も入手した。目標は4160台で、ハイブリッド仕様は全体の40%を占める目論見だ。File No.055で紹介したプリウスα/Vなど、ハイブリッド戦略を推し進めるトヨタを横目に、ひと足先にワゴンモデルのハイブリッドを用意する、ホンダのしたたかさが見受けられる。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027