新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 フーガハイブリッド【新型車】 / navi

クルマニュース

日産 フーガハイブリッド【新型車】 / navi

(2010/10/26)

満を持して登場した日産ハイブリッド
ライバルを上回る10・15モード燃費を実現

日産フーガハイブリッド|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、ハイブリッド専用の新色「エターナルスノーホワイト」を含む全7色
コンセプト
本当のハイブリッドの、
本当のラグジュアリーカーが目指された
日産のフラッグシップセダン、フーガにハイブリッド仕様が導入された。ハイブリッドシステムには、1モーター2クラッチのパラレル式ハイブリッド「PURE DRIVE HYBRID」システムが採用された。バッテリーは、ニッケル水素よりも小型・高出力が可能なリチウムイオンを搭載し、50kW(68ps)のモーターを駆動させている。

組み合わされるツインクラッチの7速トランスミッションにより、効率の良さが追求された。その結果、10・15モード燃費は、ベースとなったフーガ(2.5L)の12.2km/Lから、大幅に向上し、19.0km/Lを達成。これは、トヨタのクラウンハイブリッド(15.8km/L)、レクサス GS350h(14.2km/L)を上回る数字になっている。コンセプトは「本当のハイブリッドの、本当のラグジュアリーカー」が掲げられた。
内外装
エクステリアの変更は最小限
専用メーターとナビが、エコ情報を提供
エクステリアでは、ノーマルモデルとの差異は少ない。ハイブリッド専用のクロームカラーコートが施された18インチアルミと、リアに控えめに「HYBRID」そして「PURE DRIVE」のエンブレムが奢られるのみ。

ハイブリッドを強調しているのは、どちらかといえばインテリア。メーターパネルは、ハイブリッド専用のものが与えられた。スピードメーターとタコメーターの間に、さまざまなエコ情報を提供するインフォメーションディスプレイが装備された。ここには、バッテリーの残量ゲージ&アクセルガイドやエネルギーモニターなどはもちろん、EV走行した距離のみを記録する、EVオド/トリップメーターも表示することが可能だ。

また、タコメーターにもEVインジケーターが備わるなど、ハイブリッド車ならではのエンターテイメント性に富んだものが採用されている。

ナビも専用のものが用意された。地図はもちろん、システムの作動状況を示すエネルギーフローと、瞬間燃費/平均燃費の3つを同時に表示する世界初のシステムになっている。さらに、エアコンにはアイドリングストップ中でも作動する電動式コンプレッサーを採用。快適性が追求された。
バリエーション
エンジンは3.5LのV6
オプションでVIPパッケージも用意
エンジンは、ベースモデルの3.7Lではなく、先代フーガおよび、現行スカイラインなどに搭載される3.5LのVQ35HR型になる。パラレル式のハイブリッドシステムを用いているので、リーフの技術を応用したEV走行も可能という。減速時のエネルギーを利用して蓄電する回生ブレーキも備えられた。

また、重量増に対応するべくサスペンションには、周波数感応型のダブルピストンショックアブソーバーが採用されている。これは、路面からのゴツゴツした振動の伝達を抑え、乗り心地や操縦安定性を向上させるものだ。なお、駆動方式は、ベースのフーガに用意される4WDは選択できず、FRのみとなる。

価格は577.5万円。VIPパッケージオプション装着車は、630.0万円となっている。
POINT
1ハイブリッドであることは
控えめに主張する
2さまざまなエコ情報を提供する
HV専用メーターパネル
日産フーガハイブリッド インパネ|ニューモデル速報
3ベースとなったフーガ同様
広く華やかな室内空間
日産フーガハイブリッド シート|ニューモデル速報
4エンジンは3.5LのV6
スポーツ性も十分
日産フーガハイブリッド エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードフーガハイブリッド
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4945×1845×1500
ホイールベース(mm)2900
車両重量(kg)1860
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3498
最高出力[kW(ps)rpm]225(306)/6800+50(68)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/5000+270(27.5)
10・15モード燃費(km/L)19.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)577.5
■発表日:平成22年10月26日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027