新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ マークX GRMN【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ マークX GRMN【スクープ!】 / navi

(2010/10/21)

調査報告書 2010年10月
File No.057

トヨタ マークX GRMN

※2010年10月21日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ マークX GRMN 予想イラスト|ニューモデル速報
トヨタ マークX G's|ニューモデル速報トヨタ iQ GRMN|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2011年
●全長x全幅x全高:4755×1825×1415(mm)
●搭載エンジン:3.5L V6+スーパーチャージャー
G'sに代わって登場する熱血派マークX

2010年1月の東京オートサロンで出品されたマークX G's(写真右上)だが、どうやら発売が中止された模様。その代わりに、マークXのスポーツバージョンには、とんでもない隠しダマが用意されているようだ。

当初の予定から変更され、マークXのチューンアップ仕様は、GRMNブランドでの登場が決定した。さらに過給器&MTという組み合わせが実現する。7代目(90系)/8代目(100系)マークIIに用意された「ツアラーV」の再来のようだ。

GRMNについて簡単に説明すると、「GAZOOレーシング・チューンド by MN」の略で、GAZOOレーシング・プロジェクトの活動の一環にあたる。初めてブランド名を冠されたモデルは、2009年8月に限定100台が発売されたiQ GRMN(写真右下)だ。オンロード寄りのチューニングが施されるG'sに対して、GRMNはサーキット走行も視野に入れた本格派となる。

エンジンは、3.5LのV6にスーパーチャージャーが組み合わされる模様。マークXは、現在でも持ち込み登録で「+Mスーパーチャージャー」を用意しているが、「+Mスーパーチャージャー」がベース車と同じ6速ATだけであるのに対して、前述のとおり、GRMNでは6速MTも用意される。なお、エンジンの出力だが、360ps/50.8kg-mを発揮する見通しだ。

さらにVDIM(統合車両姿勢安定制御システム)のカットスイッチも設けられる予定。50kg-m超のトルクを生かしたドリフトを楽しめることになるだろう。これに併せて、足回りやボディの補強部品、床下には空力パーツが採用されるという。また、エアロパーツや内装の加飾パーツなど、内外装もレーシーな演出が図られるようだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027