新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 GT-R【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 GT-R【マイナーチェンジ】 / navi

(2010/10/19)

さらに。充実のマイナーチェンジ

ミニ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のオーロラフレアブルーパールを含む全6色
日産の技術を集結し、「誰でも、どこでも、どんな時でも」最高峰のパフォーマンスを思う存分乗りこなせる、まったく新しいジャンルのスーパーカーのあり方を提案したGT-Rが、マイナーチェンジを果たした。内外装はもちろん、パワートレインやボディ、足回りなど全面的に見直しが図られ、ほぼフルモデルチェンジと言ってよい内容になっている。

エクステリアでは、バンパーやグリルの開口部を拡大し、開口周辺の立体感を増すことで、安定感の向上が図られた。メッキ部分が増やされたヘッドランプインナーパネルとあわせて、迫力のあるフロントフェイスとなっている。また、バンパーには、新たに二段整流フィンと大径反射面そして高輝度白色LEDを採用したハイパーデイライトが標準設定された。

新造形のフロントバンパーは、前側のダウンフォースを約10%増加させ、エンジンルーム内空気抵抗の低減、ラジエター通過風量とフロントブレーキ冷却風量の増加が実現された。リアバンパーも同様に、ディフューザーを大幅に延長させることで、床下冷却性能の向上や、空気抵抗の低減をが図られている。さらにエアアウトレットを新設し、リアホイールハウス部の空気を抜くことで、マフラーの冷却性の向上が実現された。新型リアバンパーにより、後ろ側のダウンフォースも約10%増加しているという。

室内では、ナビゲーションモニター回りのパッドとフィニッシャーのデザインや、ステッチラインの変更などにより、豊かな質感が表現されている。また、リアルカーボン製のセンタークラスターフィニッシャーや、マットブラックに統一されたスイッチ類、マグネシウム基材露出塗装が施されたパドルシフトなど、豪華なパーツをふんだんに使用。質感の高さが追求された。ステアリング中央のGT-Rエンブレムもベロアメッキが採用され、艶やかさが増している。

さらにシート形状も見直された。「Pure edition」「Premium edition」用のシートは、座面の形状変更、座面長の延長、クッションストロークを一新、コーナリング時の腿や腰のホールド感を向上させると同時に疲労度の軽減を実現したという。シートバックにも新デザインを採用し、フィット感の向上が図られた。「Black edition」用は、「Pure edition」「Premium edition」用のシートの基本骨格を用い、RECAROのデザインと本革を採用したバケットシートが設定されている。

エンジンは、ターボのブースト圧やバルブタイミング、吸排気抵抗の低減などの改良が加えられた。これにより、従来の10・15モード燃費8.3km/Lから8.5km/Lへ燃費性能が向上。さらに、エンジン出力も、最高出力530ps/最大トルク:62.5kg-mと大幅に向上している。また、エンジンカバーが赤色に変更された。

ボディは、新たにエンジンルームの隔壁に高剛性・軽量のアルミハニカム入りカーボンコンポジット製ストラットサポートバーが設定された。また、キャビン側ダッシュパネルにサポートメンバーを追加し、車体のレスポンス向上も図られている。サスペンションは、新開発のアルミ製フリーピストン仕様のショックアブソーバーを採用。フロントサスのキャスター角やリアサスのロールセンター高を下げるなど、強化が施された。

ノーマルモデルに加え、ハイギアードブーストモードを備え、トルクを64.5kg-mに増強させることが可能な「SpecV」。サーキット走行専用の「Club Track edition」。最高の技をもつ匠の手で、オーナーの好みに合わせた内外装を実現する「EGOIST」も用意される。

価格はエントリーモデルのPure editionの869万4000円から、SpecVの1575万円まで。
グレードPure editionEGOISTSpecV
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4670×1895×1370
ホイールベース(mm)2780
車両重量(kg)173017401670
乗車定員(人)442
エンジン種類V6DOHC+ターボ
総排気量(cc)3799
最高出力[kW(ps)rpm]390(530)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]612(62.5)/3200-6000
10・15モード燃費(km/L)8.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/74
車両本体価格(万円)869.41500.031575.0
■発表日:平成22年10月18日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027