新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 セレナ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 セレナ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/11/08)

さらに拡大されたパノラマビュー
エコ性能も大幅アップした家族のためのミニバン

日産 セレナ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色、ナチュラルハーブを含む全8色
コンセプト
コンセプトは家族のためのイチバンミニバン
クラス最大の室内空間を実現
2007年から2009年まで3年間連続してミニバン販売台数、日本一を達成した日産の売れ筋ミニバン、セレナがフルモデルチェンジを果たし4代目となった。新型のコンセプトは「家族のためのイチバンミニバン」。

セレナのDNAともいえる、室内空間の広さや使い勝手の良さをより一層進化させながら、新開発のECOモーターを備えた(エントリーモデル20Sを除く)アイドリングストップ機構を追加し、エコ性能も向上した。
内外装
上下方向に広げられたフロントウインドウ
クラス最大の室内空間を実現
エクステリアは、セレナの象徴ともいえる階段状のウエストラインはそのままに、脱箱型を目指した滑らかな流れを意識したデザインが採用されている。このスタイルは、空力と燃費性能アップにも貢献しているという。特に、上下方向に大きく広げられたフロントウインドウが印象的。大型の三角窓と併せて、運転席からの眺めはパノラマビューになっている。

室内は先代モデルより300mmも大きくなった室内長が自慢。有効室内長はクラス最大の3281mmとなった。なお、2~3列目シートを畳んだ際の最大荷室長は1720mmを確保。また、先代モデルでも採用された1~2列シートをロングスライドする、マルチセンターシートを駆使することで、さまざまなシートアレンジを実現。このスマート化されたマルチセンターシートは、マルチテーブルや、ティッシュボックス、アームレストとしても使用できる。

メータークラスターはステアリング上部、ドライバーに正対する位置に配置されたマルチグラフィックアッパーメーターが採用された。視線移動が少なく見やすさが追求されている。また、運転者のエコドライブをアシストするECOメーターを設置。これは「ECOドライブナビゲーター」「瞬間燃費計」「アイドルストップ停止時間タイマー(アイドリングストップ中のみ表示)」の3モードを切り替えて表示する。

また、ガラス面積の90%を遮光することで、子供の安眠をさまたげないロールサンシェードがセカンドシートに標準装備。さらにオプション装備として、解放感のある大型のパノラミックガラスサンルーフを用意。また、このルーフと同時装着可能な電動開閉式の11インチ大型ワイドモニターも用意された。
バリエーション
精悍さを増したハイウェイスター
オーテックによるライダーも用意
エンジンは吸排気ともに可変バルブタイミング機構を備える、新開発の直噴式MR20DDエンジンが採用された。組み合わされるトランスミッションは、エンジンと協調制御されるエクストロニックCVTを採用。アイドリングストップ機構をもたない「20S」を含め、全車が「平成22年度燃費基準+25%」「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成している。この省燃費型パワートレインと前述のアイドリングストップ機構により、10・15モード燃費は、FFモデルで15.4km/L、4WDモデルは14.4km/Lとなっている。

装備の違いによる3グレードに加え、最上級車種として、専用装備が与えられたスポーティグレードのハイウェイスターをラインナップ。さらに、オーテックによる専用ボディワークが与えられる「ライダー」も用意される

価格は、FFのエントリーモデルである20Sの216.3万円から、4WDの最上級グレードである20Gの285.6万円まで。
POINT
1脱箱型を目指したエクステリア
階段状のウエストラインは健在
日産セレナ リアスタイル|ニューモデル速報
2視線移動が少なく安全な
マルチグラフィックアッパーメーター
日産セレナ インパネ|ニューモデル速報
3クラス最大の有効室内長と
最大荷室長を実現
日産セレナ シート|ニューモデル速報
4低重心を強調する
ハイウェイスターも用意
日産セレナ ハイウェイスター|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード20S20Xハイウェイスター
駆動方式FFFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4685×1695×18654705×1735×1875
ホイールベース(mm)2860
車両重量(kg)160016301720
乗車定員(人)8
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1997
最高出力[kW(ps)rpm]108(147)/5600106(144)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]210(21.4)/4400207(21.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)14.415.414.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)216.3233.1276.15
■発表日:平成22年11月8日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027