新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ラクティス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ラクティス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/11/19)

ゆとりの室内空間、使い勝手の良さはそのままに
スタイリッシュさと高い燃費性能を加味

トヨタ ラクティス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のサテンブルーマイカメタリックを含む全9色
コンセプト
生活を楽しくさせてくれる車
環境にも、財布にも、人にも優しい車
5ナンバーサイズのユーティリティ系ハッチバックとして人気のラクティスが、満を持して5年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。従来のゆとりの室内空間と使い勝手のよさはそのままに、スタイリッシュなデザインを採用。空力性能はCd値=0.30を実現したという。

パワートレインにも変更が加えられた。エントリーモデルに搭載される1.3Lユニットは、新たに吸排気ともに可変バルブタイミング機構を採用。スーパーCVT-iとの組み合わせで、街中でも扱いやすく、低燃費でパワフルな走りが追求された。上級の1.5Lエンジンには、アクティブCVTが採用され、高い走行性能と優れた低燃費の両立が図られている。これにより、FFモデルの10・15モード燃費は1.3L/1.5Lともに20.0km/Lを達成している。
内外装
スタイリッシュなワンモーションフォルム
室内は細部まで、質感の向上が図られた
エクステリアは、街中でもひときわ目立つ、スタイリッシュで魅力的なデザインを追求したという。フロントからルーフエンドへと続くワンモーションフォルムは従来型から大きく進化。サイドビューを彩るキャラクターラインや、前に出されたAピラーとさらに後方に延ばされたリアクォーターウインドウ上部により、室内の広さを予感させるデザインが採用された。

スタイリッシュさを演出する最大のポイントはフロントマスク。グリルとバンパーをフードから中央にせり出すことで、彫りの深いデザインが与えられた。ワイドなグリルと直線基調のヘッドランプにより、美しい質感とシャープな印象を生みだしたという。リアビューは、ワイドトレッドによる張り出されたホイールアーチにより踏ん張り感が演出された。

インテリアは、ひとクラス上の上質なインテリアデザインが目指された。水平基調のインストルメントパネルは二段構成になっており、左右への広がりと奥行きを感じさせることで、室内空間の広がりが表現されている。

従来型がもつユーティリティ性能にも磨きがかけられた。シートの高さやドアの形状を最適化することで、乗降性の良さと大人5人がゆったり座れるゆとりの室内空間を実現している。
バリエーション
オシャレ仕様の「レピス」
走りの「S」もラインナップ
エンジンは1.3Lと1.5Lの2種類。駆動方式は基本がFFで、1.5Lモデルには4WDもラインナップされる。ノーマルモデルに加え、専用の内外装が与えられたオシャレ仕様のレピスと、スポーツ仕様のSがラインナップされた。さらにハイルーフ化された車いす仕様車を日本で初めて形式指定自動車として発売。ナンバー登録が一般車両と同じ扱いとなり、納車までの期間短縮が実現された。

価格はエントリーモデルである1.3 Gの158.0万円から、4WD仕様の最上級グレードである1.5 Gの184.5万円まで。
POINT
1さらに洗練された
ワンモーションフォルム
トヨタ ラクティス リアスタイル|ニューモデル速報
2開放感が演出された
上下2段構成のインパネ
トヨタ ラクティス インパネ|ニューモデル速報
3限られたボディサイズで
ゆとりの室内空間を実現
トヨタ ラクティス シート|ニューモデル速報
4専用のフロントフェイスが
与えられたレピスも用意
トヨタ ラクティス レピス|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード1.3 G1.5 レピス1.5 Sウェルキャブ G
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3995×1695×15853995×1695×16053950×1695×1705
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)1090117011101160
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)13291496
最高出力[kW(ps)rpm]70(95)/600076(103)/600080(109)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]121(12.3)/4000132(13.5)/4400138(14.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)20.018.420.019.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42レギュラー/30
車両本体価格(万円)158.0176.3178.5195.8
■発表日:平成22年11月22日 ■取り扱い:トヨペット店、カローラ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027