新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン シャラン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン シャラン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/11/24)

ラージサイズミニバン+ダウンサイジングユニット
エンジンは、ツインチャージャーの1.4L TSI

フォルクスワーゲン シャラン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のリフレックスシルバーメタリックを含む全5色
コンセプト
Start/Stop (スタート&ストップ)システムなど
ブルーモーションテクノロジーを国内初採用
フォルクスワーゲンがもつ最新の技術を注ぎ込み、ゼロから開発されたラージサイズミニバンがシャランだ。プレーンな印象を受けるが、3サイズは全長4855mm×全幅1910mm×全高1750mm。日産エルグランドと比較すると、全長で-60mm、全幅は逆に+60mmという堂々たるサイズとなっている。

この大きさの車体を動かすパワートレインは、最高出力150ps/最大トルク24.5kg-mを発生させる1.4LTSI ツインチャージャーエンジンと6速DSGの組み合わせ。このエンジンに、新たに「Start/Stop (スタート&ストップ)システム」や「ブレーキエネルギー回生システム」など、フォルクスワーゲンの環境技術「ブルーモーション テクノロジー」が、国内で初めて採用された。

その結果、ドイツ認定値による燃費は13.9km/Lを達成している。現在、日本の国土交通省に型式申請しており、75%のエコカー減税対象となる予定。
内外装
軽快かつ洗練されたエクステリア
特別感と高級・上質を実感できる移動空間
エクステリアは、水平の帯状グリルを配した、新世代のフォルクスワーゲンをイメージさせるフロントフェイスが採用された。サイドパネルは、シンプルかつクリーンなデザインとなっている。エクステリア全体では、軽快かつ洗練された印象が目指された。このデザインにより、Cd値は0.299 というミニバンとしてはトップクラスの数値が実現された。

乗車定員は、前から2名/3名/2名の座席が配された7人乗り。2列目と3列目のシートは、後列に行くほど高くなるシアター式が採用されており、すべての乗員に良好な視界が与えられている。3席独立式の2列目シートは、各座が独立して最大20度のリクライニングと最大16cmのスライドが可能。

2・3列目シートは、イージーフォールド機構により、簡単に収納が可能。収納すれば、最大2297Lのフラットな荷室となり、大きな荷物の収納にも配慮された。
バリエーション
装備の違いによる2モデルを用意
ベースグレードでも充実の安全装備
ラインナップは装備の違いにより2モデルを用意。ベースグレードのシャランTSI コンフォートラインでも、ニーエアバッグを含む9エアバッグシステム、ESP(横滑り防止装置)、パークディスタンスコントロールなどが標準装備される。

上級のシャランTSI ハイラインでは、ベースグレードに加え、パワーテールゲートやリアビューカメラ、17インチアルミホイール、スマートエントリー&キーレスアクセスなどが追加されている。

価格はシャランTSI コンフォートラインが379万円。シャランTSI ハイラインが438万円となっている。
POINT
1ミニバンではトップクラスの
CD値0.299を達成
フォルクスワーゲン シャラン リアスタイル|ニューモデル速報
2VWの文法に則った
実直な印象のインパネ
フォルクスワーゲン シャラン インパネ|ニューモデル速報
3シアター式の座席配置による
開放的な室内
フォルクスワーゲン シャラン シート|ニューモデル速報
4独自の環境技術
ブルーモーション テクノロジー
フォルクスワーゲン シャラン ブルーモーション テクノロジー|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードシャランTSI コンフォートラインシャランTSI ハイライン
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4855×1910×1750
ホイールベース(mm)2920
車両重量(kg)1830
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC+ターボ+スーパーチャージャー
総排気量(cc)1389
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1500-4000
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/73
車両本体価格(万円)379.0438.0
■発表日:平成22年11月22日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027