新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/11/24)

新世代VWフェイスを獲得した
ゴルフ譲りの走行性能が自慢のコンパクトミニバン

フォルクスワーゲン ゴフルトゥーラン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のワイルドチェリーメタリックを含む全6色
コンセプト
ダウンサイジングしたTSIエンジンを搭載
環境性能にも配慮
Cセグメントハッチバックのベンチマークといわれる、フォルクスワーゲンゴルフ譲りの走行性能が自慢のコンパクトミニバン、ゴルフトゥーランが、約6年半ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした。

パワートレインは先代モデルからのキャリーオーバーで、1.4LのTSIエンジンに、7速DSG(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされる。ただし今回の変更を機に、日本の排出ガス規制への最適化が施された。この結果、平成17年排出ガス基準75%低減レベルを取得。加えて平成22年度燃費基準+25%を達成。10・15モード燃費で先代比+3%の14.6km/Lとなり、同社では5車種目となるエコカー減税対象モデルとなった。
内外装
若干のダウンサイジングとなったエクステリア
質感の向上が図られたインテリア
ボディサイズは、全幅/全高は従来どおりだが、全長は先代比-15mmの4405mmとさらに扱いやすいサイズになっている。エクステリアは2009年4月に導入されたゴルフVIのイメージを取り込んだものが与えられた。

インテリアは、レザーステアリングやマルチファンクションインジケーターなどが採用され、質感の向上が図られた。ミニバンならではのラゲージスペースも大容量が確保されており、7人乗車時でも121L、3列目シートを床下へ収納し、2列目シートを取り外せば、ラゲージスペースは1913Lにまで拡大する。
バリエーション
装備の違いによる2モデルを用意
ベースグレードでも装備は充実
ラインナップは装備の違いにより2モデルを用意。ベースグレードのTSI コンフォートラインでも、オートライトやレインセンサー、自動防眩ルームミラーが標準装備される。

上級のTSI ハイラインはベースグレードに加え、LEDポジションライト付きバイキセノンヘッドライト、室内ではアルカンターラ&ファブリックのスポーツシートなど、豪華装備が与えられた。

安全装備も抜かりはない。全モデルにABSやESP、ブレーキアシストなどのアクティブセーフティ装備はもちろん、6エアバッグや全席3点式シートベルト、むち打ち軽減ヘッドレスト(運転席/助手席)などのパッシブセーフティ装備を採用することで、7名の全乗員が安全に移動できる配慮がなされている。

価格はTSI コンフォートラインが293万円。TSI ハイラインは339万円の設定。
POINT
1水平基調のデザインで
安定感を演出
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン リアスタイル|ニューモデル速報
2上級モデルにはフルカラーの
インジケーターを用意
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン インパネ|ニューモデル速報
3多彩なシートアレンジで
さまざまなサイズの荷物を収納
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン シート|ニューモデル速報
4日本の排出ガス規制に対応する
1.4LツインチャージャーTSIユニット
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードTSI コンフォートラインTSI ハイライン
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4405×1795×1670
ホイールベース(mm)2675
車両重量(kg)1580
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC+ターボ+スーパーチャージャー
総排気量(cc)1389
最高出力[kW(ps)rpm]103(140)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]220(22.4)/1250-4000
10・15モード燃費(km/L)14.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)293.0339.0
■発表日:平成22年11月22日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027