新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル トレジア【新型車】 / navi

クルマニュース

スバル トレジア【新型車】 / navi

(2010/11/30)

スバルらしいワゴンテイストが与えられた
コンパクトハッチバック

スバル トレジア|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のライトブルー・マイカメタリックを含む全7色
コンセプト
コンセプトは「New Compact Smart Wagon」
高いユーティリティ性能を発揮
ダウンサイズ傾向の高まりにより、国内市場において幅広く支持されているコンパクトカークラスに、投入されたスバルのコンパクトハッチバック。ベースは、2010年11月19日に発表された2代目トヨタラクティスで、スバルルクラに続く、トヨタ=ダイハツグループからのOEM車となる。ただしエクステリアは、スバル独自のデザインが与えられている。

コンセプトは「New Compact Smart Wagon(ニュー・コンパクト・スマート・ワゴン)」。全長4mを切るボディサイズでありながら、スバルらしいワゴンテイストを備えたツーリングコンパクトが目指された。高効率パッケージにより、ゆとりのある上質な室内空間と扱いやすいユーティリティ性能を実現。さらに、時代の要請である優れた環境性能や質感の高い走りの両立など、コンパクトカーに求められる多様なニーズに対応したという。
内外装
独自のフロントフェイスが与えられたエクステリア
広々とした印象のインテリア
フロントフェンダーからルーフエンドへと続くワンモーションフォルムや、台形シルエットと横基調のキャラクターラインによる広がり感、安定感が演出されたリアビューなど、ベースとなったラクティスと同様のエクステリア。

トレジアを特徴づける最大のポイントはフロントフェイスにある。スバルエンブレム(六連星)を中心に、シルバー加飾が施されたウイングをモチーフとするグリルと、左右へ広がりのある安定したバンパー造形により、スバルらしい存在感のあるデザインが実現された。

インテリアは、ラクティスに準じたものとなる。アッパー部を浮かせた上下2段構成のインストルメントパネル。ドアトリム部もインパネから連続した無駄のないすっきりとした形状により空間の広がりが演出された。有効室内長:2690㎜、荷室長:760 ㎜という高効率パッケージが実現されている。
バリエーション
エンジンは2種類
走りの「タイプユーロ」も用意
エンジンは、ラクティスと同じ1.3Lと1.5Lの2種類。ミッションは全モデルCVTで、上級の1.5L車にはアクティブCVTが採用された。FFモデルの10・15モード燃費は1.3L/1.5Lともに20.0km/Lを達成している。なお、1.5L車には4WD仕様も用意。

ノーマルモデルに加え、スプリングのバネ定数やスタビライザー径の変更など、足回りに専用チューニングが施されたスポーティモデル「タイプユーロ」もラインナップされている。

価格は1.3Lのエントリーモデル、1.3iの142万8000円から、1.5Lエンジン+4WDの1.5i-Sの197万9250円まで。
POINT
1ワンモーションフォルムは
ベースとなったラクティス譲り
スバル トレジア リアスタイル|ニューモデル速報
2広々とした印象が与えらた
インストルメントパネル
スバル トレジア インパネ|ニューモデル速報
34m未満の全長とは思えない
余裕の室内空間
スバル トレジア シート|ニューモデル速報
4ベースとなったラクティスとは
フロントフェイスで違いがわかる
トヨタ ラクティス|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード1.3i1.5i-S1.5タイプユーロ
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3990×1695×15853990×1695×16053990×1695×1585
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)109011701110
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)13291496
最高出力[kW(ps)rpm]70(95)/600076(103)/600080(109)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]121(12.3)/4000132(13.5)/4400138(14.1)/4400
10・15モード燃費(km/L)20.018.420.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42
車両本体価格(万円)142.8197.925183.225
■発表日:平成22年11月29日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027