新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ムーヴ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ムーヴ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/12/14)

アイドリングストップシステムの採用や、軽量化などにより
ガソリン車トップの10・15モード燃費27.0km/Lを実現

ダイハツ ムーヴ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のシルキーマルーンクリスタルメタリックを含む全8色
コンセプト
スペース系軽自動車の
次世代スタンダードが目指された
「広々快適な室内空間」「使い勝手の良さ」「ハイクオリティなデザイン」といった、マルチな性能を追求し続けるハイト系軽自動車のムーヴが、4年ぶりに5代目へとフルモデルチェンジを果たした。

今回のフルモデルチェンジでは、昨今の環境意識の高まりが意識され、ガソリン車としての燃費性能を徹底的に追求。さらに、広さや利便性・快適性、基本性能・安全性能など、あらゆる面で高次元にバランスのとれた「スペース系軽乗用車の次世代スタンダード」が目指された。

燃焼室のポンピングロスを大幅に軽減する、世界初の制御システム「i-EGRシステム」を採用。燃焼室の形状や、ピストン形状、オイルシール、チェーンなどを変更するといった、メカニカルロスの低減が徹底されている。また、エンジンとCVTを協調制御することで、燃費性能の向上が図られた。

さらに、X、Xリミテッド、カスタムGの3グレードには、新開発のアイドリングストップシステム「eco IDLE(エコアイドル)」が採用されることで、FFモデルの10・15モード燃費はガソリン車トップの27.0km/Lを実現している。
内外装
「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」を強調
利便性・快適性が追求された室内
エクステリアは、歴代モデルの特徴である「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」をより強調した、流麗で躍動感のあるモノフォルムシルエットを採用。フロントフェイスは、ヘッドランプからグリルに通した横方向のラインでワイド感の強調が図られている。スポーティなカスタム系は、大開口のエアロバンパーや厚みのあるフード、丸型4灯式ヘッドランプ、リアスポイラーなどにより、力強さが表現された。

インテリアのテーマは、「すっきりモダンの上質・広々空間」。高さを抑えたインストルメントパネルや、横方向へ広がる伸びやかなラインで、ワイド感と使いやすさが追求された。ブラックとベージュの2トーンのインストルメントパネルをはじめ、室内をベージュ色で統一し、洗練されたくつろぎ感が演出されている。カスタム系は、黒を基調にシルバー加飾のアクセントを効かせることで、プレミアム感と精悍さが追求された。

パッケージ性能も向上が果たされた。2075mmの室内長や、軽自動車では最大となる1350mmの室内幅、1280mmの室内高により、乗る人すべてがゆったりくつろげる室内空間が実現されている。
バリエーション
ノーマルモデルに加えて
カスタム系もラインナップ
ラインナップは、ノーマルモデルとスポーティなエクステリアのカスタムが用意される。エンジンは新開発の658cc直3DOHCで、カスタムにはターボ付きもラインナップされる。駆動方式はFFと4WDから選択できる。

軽自動車では初となる、微粒子イオンで脱臭および花粉の抑制、除菌を行う「nanoe(ナノイー)」ディフューザーをXリミテッドグレードに採用。バックモニター機能付きのメモリーナビゲーションシステムが、XリミテッドとカスタムXリミテッドに標準装備されている。さらに、エントリーグレードLを除く全モデルに、オート格納式ドアミラーを採用。乗車時はエンジンスイッチのACCに連動してドアミラーが開き、降車時にはキーフリーシステムのリクエストスイッチまたは携帯機によるドア施錠に連動して格納することができる。

価格はエントリーグレードであるL(2WD)の112万円から、最上級グレードのカスタムRS(4WD)の161万1000円まで。
POINT
1歴代モデルの特徴
モノフォルムシルエットを継承
ダイハツ ムーヴ リアスタイル|ニューモデル速報
2ワイド感、使いやすさが
追求されたインパネ
ダイハツ ムーヴ インパネ|ニューモデル速報
3</span高いパッケージ性能や
静粛性が実現された
ダイハツ ムーヴ シート|ニューモデル速報
4スポーティなデザインの
カスタムも用意される
ダイハツ ムーヴカスタム|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードLXリミテッドカスタムXリミテッドカスタムRS
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16353395×1475×1620
ホイールベース(mm)2455
車両重量(kg)810820890
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/720047(64)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]60(6.1)/400092(9.4)/4000
10・15モード燃費(km/L)25.027.022.521.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/36レギュラー/34
車両本体価格(万円)112.0132.0154.1161.1
■発表日:平成22年12月13日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027