新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A8【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

アウディ A8【フルモデルチェンジ】 / navi

(2010/12/15)

アートの領域まで、細部にわたり
作り込まれたフラッグシップセダン

アウディ A8|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のインパラベージュ パールエフェクトを含む全9色
コンセプト
フルLED化されたヘッドランプが特徴のエクステリア
ラグジュアリークラスに新たな価値を提案
アウディのフラッグシップセダンA8が、約6年ぶりに4代目へとフルモデルチェンジを行った。ショートホイールベース車でも全長5mオーバーという堂々たるディメンションが与えられている。

コンセプトは、「The Art of Progress (アート・オブ・プログレス:革新の美学)」。エレガントなデザイン、傑出したドライビングエクスペリエンス、そして安全かつ快適な移動空間が実現された。「細部に至るまで、アートの領域にまで高められた美しいデザインと、数々の革新的テクノロジーによって、ラグジュアリークラスに新たな価値をもたらす」とメーカーが謳う、プレミアムセダンだ。
内外装
格の違いを感じさせる堂々たるエクステリア
充実の装備が施されたインテリア
エクステリアは、アウディが誇るエレガンスとダイナミズムを、ラグジュアリークラスのゆとりあるボディサイズで表現したという。特徴的なフロントビューは、フルLEDヘッドライト(3.0 TFSI quattroはオプション)が採用された。同社の特徴であるシングルフレームグリルは、従来の滑らかな台形デザインから、より存在感が強調される立体感あるデザインとなっている。

インテリアは、歴代モデルを踏襲したラップアラウンドデザインによる開放感あるデザインが採用された。最上級の素材と 妥協のない仕上げを施し、広々として居心地の良い室内空間を実現したという。

独自のインターフェイスであるMMIは、MMIタッチへと大きく進化。新たに音声認識機能と、ノートPCなどでお馴染みのタッチパッドが装備された。これにより、今まで以上に直感的な操作が可能となった。さらにMMIには、高品質なサウンドで定評のあるBoseサラウンドサウンドシステムを標準装備。オプションで、19スピーカー/1400Wの出力を誇るバング&オルフセンアドバンスドサウンドシステムも用意される。
バリエーション
ロングホイールベース車も
ラインナップされる
ボディはノーマルモデルとロングホイールベースモデルの2種類。エンジンは細部にわたり改良が施された4.2LのV8直噴FSIと、ダウンサイジングコンセプトに基づき開発された、小型軽量の3LのV6直噴TFSI+スーパーチャージャーの2種類。ミッションはいずれも8速ティプトロニックが組み合わされる。10・15モード燃費は、3L車が9.2km/L、4.2L車(ショートホイールベース車)は8.3km/Lと従来型より大幅に改善された。

安全性能も充実している。事故を未然に防ぎ、万一の際に乗員の被害を最小限に抑える独自の安全技術「アウディプレセンス」が標準装備された。ESPからの情報を監視し、事故につながる危険性を察知すると、ハザードランプの点灯や前席シートベルトの巻き上げ、サイドウインドウやスライディングルーフを自動的に閉じることで、乗員の車外放出や、飛散物の車内への進入を防ぐ。

価格は3Lエンジンを搭載するエントリーモデル、A8 3.0 TFSIクワトロの945万円から、ロングホイールベースのA8 L 4.2 FSI クワトロの1290万円まで。
POINT
1エレガンスとダイナミズムを
ゆとりのボディサイズで表現
アウディ A8 リアスタイル|ニューモデル速報
2タッチパッド式に進化した
ユーザーインターフェイス、MMI
アウディ A8 インパネ|ニューモデル速報
3ロングホイールベース車は
後席専用の装備が充実
アウディ A8 シート|ニューモデル速報
4細部にまで手が加えられた
4.2LのV8直噴(FSI)DOHC
アウディ A8 エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード3.0 TFSIクワトロ4.2 FSIクワトロL 4.2 FSI クワトロ
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)5145×1950×14655275×1950×1465
ホイールベース(mm)29903120
車両重量(kg)193019402060
乗車定員(人)54
エンジン種類V6DOHC+スーパーチャージャーV8DOHC
総排気量(cc)29444163
最高出力[kW(ps)rpm]213(290)/4850-6500273(372)/6800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]420(42.8)/2500-4850445(45.4)/3500
10・15モード燃費(km/L)9.28.38.1
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/90
車両本体価格(万円)945.01160.01290.0
■発表日:平成22年12月15日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027