新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ MRワゴン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スズキ MRワゴン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/01/21)

「車離れ」の若者の心をつかむ
新しい価値と魅力を兼ね備えた新しいタイプの軽ワゴン

スズキ MRワゴン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のパールホワイトを含む全6色
コンセプト
「始動力」「期待力」「新バランス感」
新しい感覚を形にした軽ワゴン
2001年の初代発売以来、斬新で個性的なデザイン、こだわりの空間を追求してきた軽自動車ンのMRワゴンが、4年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。新型のコンセプトは「低燃費、広々空間、個性あふれるデザインで、新しい価値と魅力を兼ね備えた新感覚軽ワゴン」。

キーワードは「始動力」「期待力」「新バランス感」。ハイトワゴンの基本性能をもちながらも、若者のライフスタイルを踏まえ、感性に訴求するデザインが追求された。これまでにない感覚を形にすることで、若者に車のあるライフスタイルを楽しんでもらえるようなモデルが目指された。
内外装
ロングルーフフォルムで広々感を演出
くつろげる自分の空間を大切にした内装
エクステリアは、個性的なスタイリングと広々としたキャビンを実現したロングルーフフォルムが特徴的。フロントからサイドへスムーズにつながる、ラウンドしたフロントフェイスや、個性的な半円モチーフのヘッドランプ、そしてリアコンビランプのデザインなど、愛着感あふれるデザインが施されている。

インテリアは、デザイン家電を思わせるピアノブラック調のタッチパネルオーディオと自発光メーターなど、シンプルながら存在感のあるセンターパネルが採用された。フラットな黒のパネルに白のスイッチ表示が浮かび上がることで、先進性はもちろん、安全性と直感的な操作を追求。また、iPodやUSBデバイスを直接接続できるUSBソケットを標準装備。車載オーディオでの音楽再生や操作を可能とした。

内装は白を基調としたインパネガーニッシュが与えられたことで、空間の広がりを表現。また、丸くえぐられたシート形状は、柔らかさや包み込まれるような優しさを表現したものだという。

パッケージングも刷新された。新プラットフォームを採用することで、2425mmのロングホイールベースを実現。ゆとりの室内空間が実現された。上級グレードでは、リアシートが160mm前後にスライドでき、リクライニング機構も備えている。CDケースを6枚収納できるリッド付きインパネボックスや、箱型ティッシュも置けるインパネトレーが助手席に装備されるなど、ユーティリティ性能も充実された。
バリエーション
燃費性能、静粛性、軽量化が施された
スズキの新世代ユニットを搭載
エンジンには、新たに開発されたスズキの新世代ユニット「R06A」が搭載された。徹底した低燃費技術が投入され、10・15モード燃費はNAのFFモデルで25.5km/L、ターボのFFモデルでも22.5km/Lを実現。NAエンジンは、軽では初めて排気側にも可変バルブタイミング機構のVVTが採用された。

さらにこのユニットには、さまざまな低騒音技術が織り込まれ、全回転域でのエンジン騒音の低音化が図られている。徹底した軽量化が施され、660ccクラスのエンジンでは最軽量のユニットになっているという。組み合わされるミッションは、副変速機構付きCVTで、新たにCVT作動オイルをエンジン冷却水で温めるビルトインオイルクーラーが採用された。これは、オイルを早く温めることでオイルの粘性による回転抵抗を低減させ、低燃費化に貢献するシステムだ。

価格はNAエンジン+FFのエントリーモデルであるGの113万1900円から、ターボエンジン+4WDの最上級グレードであるTの151万950円まで。
POINT
1広々としたイメージの
ロングルーフフォルム
スズキ MRワゴン リアスタイル|ニューモデル速報
2タッチパネルによる
新感覚のオーディオユニット
スズキ MRワゴン インパネ|ニューモデル速報
3広がり感と優しさが
演出された室内
スズキ MRワゴン シート|ニューモデル速報
4低燃費技術が投入された
新世代エンジン「R06A」
スズキ MRワゴン エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGXT
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1625
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)790860880
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]40(54)/650047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
10・15モード燃費(km/L)25.523.021.5
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)113.19133.35151.095
■発表日:平成23年1月20日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
3
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
4
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
5
down
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
6
up
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
8
keep
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
down
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027