新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A1【新型車】 / navi

クルマニュース

アウディ A1【新型車】 / navi

(2011/01/13)

エモーショナルで個性的
スポーティなプレミアムコンパクト

アウディ A1|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のミサノレッドを含む全10色
コンセプト
コンセプトはアーバンエゴイスト
プレミアムさが追求されたコンパクトモデル
全長4mに満たないボディに、アウディのもつ特徴を凝縮したプレミアムコンパクトがアウディA1だ。コンセプトは「Urban egoist(アーバンエゴイスト)」。自分の価値観を大切にする、高い審美眼をもつユーザーのためのプレミアムコンパクトカーが目指された。同社のエントリーモデルとなる。

アウディのもつ特徴とは、1.4L TFSI直噴ガソリンターボによる、機敏な運転性能と高い環境性能。アウディ独自のユーザーインターフェイス、MMIの最新鋭版を採用した高性能60GB HDD ナビゲーションシステムや、地上デジタルTV、Bluetooth ハンズフリー/Digital Audio Player接続などによるインフォテイメントシステム。オープンスカイルーフや、5色が用意されるエアコン吹き出し口のカラートリム、ピラー周辺の色調を変えるコントラストルーフなど豊富なオプションで自分だけのA1を作り上げることができる楽しさや、後述する先進的で力強いデザインなどを指すという。高いクオリティを施すことで、コンパクトカーのイメージを刷新するとメーカーは謳っている。
内外装
上級モデルの特徴が組み込まれたエクステリア
プレミアム性が追求されたインテリア
エクステリアは、アウディの特徴であるシングルフレームグリルが、押し出しの強い、新しいデザインに改められた。シャープなヘッドライトとの組み合わせで、同社のもつ先進的なイメージが演出された。また、ボディ側面を直線的に貫く長いショルダーライン、力強い弧を描くルーフライン、そして複雑なレンズカットによって独特な輝きを生み出すリアコンビネーションランプなど、数々のデザインアイコンが、小さなボディにちりばめられている。

インテリアは、航空機をモチーフにしたダイナミックなデザインが与えられた。アウディおよびVWグループならではの、高い組み付け精度と仕上げ品質、ディテールにまでこだわったプレミアム性が追求されている。オーディオには、DVD/CD プレイヤー、SD メモリーカードリーダー、ジュークボックス(ミュージックサーバ-)機能などの多彩な音楽ソースに対応するAMI(アウディミュージックインターフェイス)が採用されている。このシステムに対応するアウトプットは、標準でリアサブウーファー付き10スピーカーシステムが、オプションでBose社製の14スピーカー/465Wのサラウンドサウンドシステムが、用意される。
バリエーション
パワートレインは1種類
装備の違いによる3モデルをラインナップ
エンジンは、最高出力122ps&最大トルク200N・mを発生させる1.4L TFSI直噴ガソリンターボ。このユニットは、スタートストップシステム(アイドリングストップ機構)とエネルギー回生システムが搭載され、パワーロスを低減する電動油圧式パワーステアリングが採用されるなど、徹底した高効率化が図られた。ツインクラッチ式の7速Sトロニックトランスミッションが組み合わされることにより、10・15モード燃費は19.4km/Lを実現している。その結果、「平成22 年度燃費基準(+20%)」および「平成17 年排出ガス基準75%低減レベル(4 スター)」をクリア。エコカー減税の対象となている。

理想的な前後重量配分が実現されたシャーシには、高い回頭性を生む電子制御式LSD機能を組み込んだESPが装備され、安全性も追求されている。

ラインナップは、ノーマルモデルに加え、スポーツサスペンションや大径ホイール、スポーツシートなどがセットになったスポーツパッケージ、エアロパーツなどが装備されるコンペティションパッケージの3モデルが用意される。

価格は、ノーマルの1.4 TFSIが、289万円、1.4 TFSIスポーツパッケージが304万円。1.4TFSIコンペティションパッケージが333万円。
POINT
1アウディのラインナップの
デザインアイコンがちりばめられた
アウディ A1 リアスタイル|ニューモデル速報
2MMIをはじめ、充実した
インフォテイメント機能
アウディ A1 インパネ|ニューモデル速報
3高いクオリティが自慢
プレミアム性を追求した室内
アウディ A1 シート|ニューモデル速報
4徹底した高効率化が図られた
1.4L 直噴TFSIユニット
アウディ A1 エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード1.4TFSI1.4 TFSIスポーツパッケージ1.4TFSIコンペティションパッケージ
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)3970×1740×1440
ホイールベース(mm)2465
車両重量(kg)1190
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1389
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1500-4000
10・15モード燃費(km/L)19.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/45
車両本体価格(万円)289.0304.0333.0
■発表日:平成23年1月11日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027