新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ ミニクロスオーバー【新型車】 / navi

クルマニュース

ミニ ミニクロスオーバー【新型車】 / navi

(2011/01/14)

ミニ第4のモデルは、クロスオーバータイプ
初の4ドアボディ&4WDモデルも用意

ミニ ミニクロスオーバー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のライト・ホワイトを含む全11色
コンセプト
ミニファミリーに加わったSUVボディ
ミニでは最大のボディサイズ
ハッチバック、コンバーチブル、クラブマンに続く第4のミニがクロスオーバーだ。同社では初となる4ドアボディが与えられ、シリーズ最大のボディサイズにより、室内空間をさまざまな用途に活用できる、自由度に優れたモデルとなっている。

シートポジションは、MINIのハッチバックよりも高い位置に設定された。これにより視認性は向上し、見切りも良く、走行上の安心感も向上しているという。また、MINIとして初めてとなる4輪駆動システム「MINI ALL4」を搭載したモデルも選択できる。
内外装
ミニらしさを受け継ぎならも
新たなデザインエッセンスが与えられた
エクステリアは、MINI の典型的なデザインを受け継ぎながらも、独自のキャラクターが目に見える形で表現されている。六角形のラジエターグリル、エンジンフードの左右に配置された大きなヘッドライトなど、MINIのデザインアイコンは残しながらも、これまでよりもウインドウを大きく設計、4枚のドアが備えられている。ボディ下部を取り囲むワイドなフレームと、パワフルに張り出したホイールアーチにより、強靭なキャラクター、4WDらしさ(一部モデルに用意)がアピールされた。

ハッチバックモデルよりも120mm高い全高は、日本の一般的な機械式駐車場に駐車できる大きさに調整されている。欧州仕様は、日本仕様比+11mmの1561mmだが、ルーフに設置されるアンテナのマウントの形状を日本専用に開発したことで、1550mmの全高が実現された。

インテリアはセンターコンソールに代わって、室内を前後に伸びる「MINIセンターレール」がポイント。これは、ミニの新たなコンセプトに則った新機能で、小物入れやカップホルダー、外部オーディオ機器、携帯電話など、必要な物を必要な数だけ適切な場所に置くためのデバイスである。このMINIセンターレールにより、4人乗車が標準になる。ただし、オプションとして後席3人掛けのベンチシートも用意されている。

室内は、フットスペース、ヘッドクリアランス、ショルダースペースを広く設計。従来モデル以上に、長距離ドライブでも快適に過ごすことが可能だ。またリアシートは、それぞれ前後位置とバックレストの角度を個別に調節することができる。さらに、バックレストを完全に折り畳むと、ラゲージ容量は通常の350Lから1170Lにまで拡大する。
バリエーション
ノーマルモデルに加えて
カスタム系もラインナップ
エンジンは、BMWグループの可変バルブタイミング機構、バルブトロニックが装備された1.6Lで、NAエンジンと直噴技術が搭載されたツインスクロールターボの2種類が用意される。トランスミッションは、全モデルともMT/AT(いずれも6速)から選択できる。また、ブレーキエネルギー回生システムやエンジンスタートストップ機能が一部の車両に採用されており、さらに高い効率性が追求された。ラインナップ8モデルのうち、5モデルがエコカー減税対象車に認定された。

新採用の4WDシステム「MINI ALL4」は、ターボエンジンの「クーパーS ALL4」にのみ用意される。このシステムは、電子制御油圧デフによって、前後の駆動力配分を無段階に制御するもの。走行状況に応じて前:100%、後:0%の状態から前: 0%、後:100%の状態まで駆動力を配分することができる。

価格はNAエンジンを積むエントリーグレード、ONE(6速MT)の265万円から、最上級グレードであるターボエンジン/4WDモデルのクーパーS ALL4(6速AT)の379万円までとなっている。
POINT
1ミニらしさを生かしながら
ブランド初の4ドアボディを採用
ミニ ミニクロスオーバー リアスタイル|ニューモデル速報
2インパネもブランドの
流儀に則ったデザイン
ミニ ミニクロスオーバー インパネ|ニューモデル速報
3前後席間を貫く
MINIセンターレールを採用
ミニ ミニクロスオーバー シート|ニューモデル速報
4全車バルブトロニックを採用
NAとターボの2種類を用意
ミニ ミニクロスオーバー エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードONEクーパークーパーSクーパーS ALL4
駆動方式2WD(FF)4WD
トランスミッション6MT
全長×全幅×全高(mm)4105×1790×15504120×1790×1550
ホイールベース(mm)2595
車両重量(kg)1320133013701440
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]72(98)/600090(122)/6000135(184)/5500
最大トルク[N・m/rpm]153/3000160/4250240/1600-5000
10・15モード燃費(km/L)19.217.816.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/47プレミアム/40プレミアム/47
車両本体価格(万円)265.0299.0345.0366.0
■発表日:平成23年1月13日 ■取り扱い:ミニ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027