新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン トゥアレグ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン トゥアレグ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/01/21)

プレミアムSUVが2代目にフルモデルチェンジ
フォルクスワーゲン初のハイブリッドモデルもラインナップ

フォルクスワーゲン トゥアレグ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のカンパネーラホワイトを含む全6色
コンセプト
パワートレインのダウンサイジングを実施
V8エンジンに代えてハイブリッドを投入
ポルシェカイエンとプラットフォームを同じくするプレミアムSUVとして人気を博したトゥアレグが、7年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした。

今回のモデルチェンジを機に、環境性能の向上が図られたことがトピックだ。従来のV8エンジンに代えて、フォルクスワーゲンでは初となるハイブリッドモデルとして、先進の安全装備を数多く採用した、トゥアレグハイブリッドが投入された。このエンジンは、従来のV8エンジン搭載車と同等の走行性能を確保しながら、10・15モード燃費は従来モデルの2倍以上の値となる、13.8km/Lという低燃費を実現。

3.6 LのV6 FSIエンジンを搭載するトゥアレグV6も「Start/Stop(スタート/ストップ)システム」や「ブレーキエネルギー回生システム」などのフォルクスワーゲン独自の環境技術、ブルーモーションテクノロジーが採用された。10・15モード燃費は、旧型比38%アップの9.5km/Lを実現し、トゥアレグハイブリッドとともに、エコカー減税の対象となっている。
内外装
洗練されたエクステリア
上級車にふさわしい質感のインテリア
従来モデルからスポーティさを増したダイナミックなプロポーションが与えられた。最新のフォルクスワーゲンの流儀に則った水平基調のフロントフェイスとともに、より立体感を増しながらも、先代のイメージを上手に踏襲したリアコンビネーションランプを採用することで、フォルクスワーゲン車の特徴とトゥアレグらしさの両立が図られている。

上質なウッドパネルや柔らかなレザー調インストルメントパネルといったトリムの採用に加え、ホイールベースが拡大されたことで、リアシートの快適性にも配慮された。乗客全員がゆったりとロングドライブを楽しめる室内となっている。8インチの大型ディスプレイや60GBの大容量HDDを採用した新開発のHDDナビシステムを装備するなど、装備の充実化も図られた。

安全装備ではニーエアバッグ(運転席)、サイドエアバッグ(後席)を含む9エアバッグが全車に標準で採用されるほか、トゥアレグハイブリッドには、最先端の運転支援装備も備えられた。
バリエーション
ハイブリッドとV6の2モデル展開
独自の4WD技術を採用
ラインナップは3L+モーターのトゥアレグハイブリッドと、3.6LのV6エンジンを搭載するトゥアレグV6の2モデル展開。ミッションはいずれも8速AT。駆動方式は、トゥアレグハイブリッドにはトルセンデフ付きフルタイム4輪駆動システムの4MOTIONが、トゥアレグV6には本格的なラフロード走破も視野に入れた4XMOTIONが組み合わされている。

フォルクスワーゲン初となるハイブリッドシステムは、小型でシンプルな構造のパラレル式ハイブリッドが採用された。低速時や低負荷走行中にはエンジンが停止し、電気モーターのみでの走行を可能とするフルハイブリッドシステムとなっている。減速時に発生するエネルギーを回生するブレーキエネルギー回生システムも備えられた。

価格はトゥアレグV6が623万円、トゥアレグハイブリッドが898万円となっている。
POINT
1フォルクスワーゲン車の特徴と
トゥアレグらしさを両立
フォルクスワーゲン トゥアレグ リアスタイル|ニューモデル速報
2上級車にふさわしい
質感が追求されたインパネ
フォルクスワーゲン トゥアレグ インパネ|ニューモデル速報
3ホイールベースを延長し
居住性も大幅に向上
フォルクスワーゲン トゥアレグ シート|ニューモデル速報
4フォルクスワーゲンでは初となる
ハイブリッドモデルも用意
フォルクスワーゲン トゥアレグ ハイブリッドエンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードトゥアレグV6トゥアレグ ハイブリッド
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4915×1945×1740
ホイールベース(mm)2905
車両重量(kg)21902340
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHCV6DOHC+モーター
総排気量(cc)35982994
最高出力[kW(ps)rpm]206(280)/6200245(333)/5500-6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]360(36.7)/2900-4000440(44.9)/3000-5250
10・15モード燃費(km/L)9.513.8
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/100
車両本体価格(万円)623.0898.0
■発表日:平成23年1月18日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027