新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジープ グランドチェロキー【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ジープ グランドチェロキー【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/02/25)

新エンジンを搭載した、ジープのフラッグシップモデル

  • ジープ グランドチェロキー|ニューモデル速報
  • ジープ グランドチェロキー 内装|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のブラックベリーパールコートを含む全8色(左) ソフトタッチ素材がふんだんに使用されたことで、高い静粛性を実現(右)
1992年の初代発売以来、SUV市場を築き上げてきたジープブランドのフラッグシップモデルが、4世代目へとフルモデルチェンジを果たした。新型では、プレミアムSUVにふさわしいオンロード性能を実現しつつ、ジープ伝統のオフロード走破性を継承したという。

エクステリアは、彫刻的な造形美とたくましさを備えながら空力特性にも配慮されたデザインが与えられた。フロントにはジープ伝統の7本縦型スロットグリルと円形ヘッドライト、台形ホイールアーチを採用。ボディサイズは先代モデル比で、全長が+30mm、全幅は+55mm、ホイールベースも+135mmと一回り大きなボディが実現された。

インテリアは、インストルメントパネルをはじめ、ドアやコンソール、アームレストなど、ユーザーの手が触れる部分にもソフトタッチ素材を採用。より柔らかな素材を使用することで、室内ノイズを抑える仕上がりとなった。

また、室内空間&ラゲージスペースはともに拡大された。カーゴルームは最大で782Lと、先代に比べて11%の容量増となった。このカーゴルームは、充電式脱着フラッシュライト付き収納ユニットや、左右に改良型のグローサリーフックが備えられるなど、利便性の向上が図られた。スペアタイヤ収納部には、泥で汚れた道具類などを収納できる着脱式のダブル収納箱も備えられている。

エンジンは新開発の3.6LのV型6気筒DOHC。可変バルブタイミング(VVT)が採用され、最高出力286ps、最大トルクは35.4kg-mを実現。さらに燃費性能も先代のV6エンジンより10%以上改善されている。組み合わされるミッションは、アダプティブエレクトロニックコントロール、またはドライバーがマニュアル感覚の操作を行える電子制御式レンジセレクト(ERS)および電子制御トルクコンバータークラッチが備わる5ATとなる。

サスペンションも刷新された。分離型サスペンションクレードル(前後)と不等レートリアスプリングを組み合わせることで、オンロードのハンドリングと快適性を改善し、オフロード性能を補完するシステムとなっている。また、リミテッドにオプションで用意される新開発のエアサスペンションシステムであるクォドラリフトや、路面状況を判断してオンロード/オフロードの走行条件に最適な駆動システムが選択できる、新開発のセレクテレイントラクションコントロールシステムなどのハイテクデバイスが採用された。

価格はエントリーグレードであるラレードの398万円から、クォドラリフトエアサスペンションシステムや、コマンドビューデュアルペインパノラミックサンルーフなどが備わる、リミテッドの538万円までとなる。発売は2011年3月12日から。
グレードラレードリミテッドリミテッド(エアサス+サンルーフ装備)
駆動方式4WD
トランスミッション5AT
全長×全幅×全高(mm)4825×1935×17854825×1935×1770
ホイールベース(mm)2915
車両重量(kg)216021902220
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3604
最高出力[kW(ps)rpm]210(286)/6350
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]347(35.4)/4300
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/93
車両本体価格(万円)398.0498.0538.0
■発表日:平成23年2月23日 ■取り扱い:クライスラー販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027