新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 6シリーズカブリオレ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW 6シリーズカブリオレ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/02/25)

美しいエクステリアとエクスクルーシブな室内空間をもつ
プレミアムラグジュアリーオープンモデル

BMW 6シリーズ カブリオレ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のオリオン・シルバーを含む全9色
コンセプト
BMWのクーペモデルの伝統を継承するオープンモデル
ドライビングの歓びと高い環境性能を両立
BMWのプレミアムラグジュアリークーペセグメントを創設した、6シリーズのオープンモデルである6シリーズカブリオレがフルモデルチェンジを果たした。

BMWのクーペモデルのさまざまな特徴を備えながら、効率とダイナミズムを高い次元で両立する「BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」の理念に基づく数々のテクノロジーを採用。ドライビングの歓びと高い環境性能の両立が実現されている。
内外装
息をのむほど美しいエクステリア
エクスクルーシブなインテリア空間
エクステリアは、流れるようなボディラインとスポーティなプロポーションによる、ダイナミックかつエレガントなデザインが目指された。

BMW伝統のロングホイールベース、ショートオーバーハングのプロポーションやキドニーグリル、エンジンフード上のV形のラインにより、ダイナミックな印象となった。また、水平に大きく開いたエアインテークと、その左右に配置されたLED採用のフロントフォグランプにより、低重心でワイドな印象が与えられている。

インテリアは、ダッシュボードに向かって上昇していくセンターコンソールおよびドアパネルのラインにより、ダイナミックかつ躍動的な印象が与えられた。BMWならではのエルゴノミクスが取り入れられた運転席は、すべての重要な操作系がドライバーの手が届く範囲に配置されている。ダッシュボード最上部には、10.2インチの高解像度ワイドコントロールディスプレイが配置されている。

フルオートマチックのソフトトップは、開けた状態でも300Lのトランク容量を確保(閉めた状態では350L)。走行速度が40km/h以下であれば開閉が可能で、突然の天候の変化にも対応できる。
バリエーション
環境性能にも配慮した2種類のパワートレイン
セグメント初のエコカー減税対象モデルも用意
エンジンは、最高出力320ps/最大トルク45.9kg-mを発生する、3Lの直噴DOHC+ツインスクロールターボと、同407ps/61.2kg-mを発生する4.4LのV8直噴DOHC+ツインターボの2種類。組み合わされるミッションは、両モデルともシフトパドル付きの8速ATとなる。

BMW独自のBMW EfficientDynamics の理念に基づく技術による高い環境性能も実現された。ブレーキエネルギー回生システムや電動パワーステアリングを採用。さらに、エンジンオートスタート/ストップ機能(アイドリングストップ機能)などが組み合わされた。これらにより、3Lエンジンを搭載する640iカブリオレは、エコカー減税の対象となった。

ラインナップは、3Lエンジンを搭載する640iカブリオレと、4.4Lエンジンの650iカブリオレの2モデルを用意。価格は640iカブリレオが1028万円。650iカブリオレが1330万円となる。
POINT
1ロングホイールベース
ショートオーバーハングのエクステリア
BMW 6シリーズ カブリオレ リアスタイル|ニューモデル速報
2BMWならではの
ドライバー志向の運転席
BMW 6シリーズ カブリオレ インパネ|ニューモデル速報
3エレガントなラインが与えられた
美しいデザインの室内
BMW 6シリーズ カブリオレ シート|ニューモデル速報
4最高出力407psを発生させる
強力な4.4L V8ツインターボ
BMW 6シリーズ カブリオレ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード640iカブリオレ650iカブリオレ
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4895×1895×1365
ホイールベース(mm)2855
車両重量(kg)19302050
乗車定員(人)4
エンジン種類直6DOHC+ターボV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)29794394
最高出力[kW(ps)rpm]235(320)/5800300(407)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]450(45.9)/1300-4500600(61.2)/1750-4500
10・15モード燃費(km/L)12.28.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)1028.01330.0
■発表日:平成23年2月24日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027