新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 デリカD:2【新型車】 / navi

クルマニュース

三菱 デリカD:2【新型車】 / navi

(2011/02/25)

デリカシリーズとして追加されたエントリーモデル
コンパクトハイトワゴンのベースはスズキ ソリオ

三菱 デリカD:2|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のパールホワイトを含む全6色
コンセプト
デリカに追加された弟分
デリカD:5ゆずりの利便性の高さが魅力
全長4mに満たないコンパクトなボディながら、広い室内空間や後席両側スライドドアなど、便利な機能が実現されたデリカD:2がデビューを果たした。なお、本モデルは、2010年12月にデビューしたスズキソリオのOEM車にあたる。

キーワードは「広い」「便利」「エコ」。三菱自動車の多機能ミニバンであるデリカシリーズのエントリーモデルとして位置づけられた。多人数乗車が可能なデリカD:5と併せて、同社のミニバンシリーズとしてラインナップされる。位置づけ的には、車名のとおりD:5の弟分にあたる。
内外装
スケルトングリルなど高い質感のエクステリア
多彩なシートアレンジを実現
エクステリアは、スケルトングリルが与えられたフロントフェイスやボディサイドを走る伸びやかなキャラクターラインなど、質感の高さが強調されたデザインが与えられた。リアドアは、狭い場所でも乗り降りや荷物の出し入れが容易な「後席両側スライドドア」が採用された。全車、助手席側のリアは電動スライド式で、上級グレードは運転席側も電動となる。

インテリアは、1765mmの全高を生かした広々とした室内空間が特徴。室内長にいたっては、デリカD:5の1315mmを超える1345mmが実現された。

リアシートには165mmのスライドが可能な左右独立スライド機構や、ワンタッチで楽々とリアシートバックを倒して荷室を拡大できる、ワンタッチフォールディング機構が、一部グレードを除き採用されている。これにより多彩なシートアレンジを実現。居住空間と荷室空間を自在にアレンジし、フラットシートでくつろぐことも、長尺物や自転車などを積載することも可能だという。

ユーティリティ性能も高く、助手席シートアンダーボックスやラゲージアンダーボックス、助手席アッパーボックス(保冷機能付き)など豊富な収納スペースが用意された。
バリエーション
パワートレインは1種類
駆動方式を問わず、全モデルがエコカー減税対象
搭載されるエンジンは、ベースとなったソリオ同様に、吸排気両側にVVT(可変バルブタイミング・リフト機構)が備わる、1.2Lの直4DOHC。組み合わされるミッションも同様に、副変速機構付きのCVTとなる。

これらにより、10・15モード燃費は、エントリーモデルであるFFの「G」グレードで22.5km/L。4WDの最上級グレード「S」でも、20.0km/Lという数値が実現された。全モデルがエコカー減税の対象となっている。

価格はFFのエントリーモデルであるGの139万3000円から、4WDの最上級グレードであるSの177万9000円まで。
POINT
1スズキソリオがベース
質感の高いエクステリアデザイン
三菱 デリカD:2 リアスタイル|ニューモデル速報
2デリカD:5を上回る
室内高が実現された
三菱 デリカD:2 インパネ|ニューモデル速報
3多彩なシートアレンジを実現
利便性の高い室内空間
三菱 デリカD:2 シート|ニューモデル速報
4最小回転半径は5.0m
街中での扱いやすさもポイント
三菱 デリカD:2 最小回転半径|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGXS
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3710×1620×1765
ホイールベース(mm)2450
車両重量(kg)100010301090
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1242
最高出力[kW(ps)rpm]67(91)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]118(12.0)/4800
10・15モード燃費(km/L)22.521.020.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/33
車両本体価格(万円)139.3154.2177.9
■発表日:平成23年2月24日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027