新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フィットシャトル【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ フィットシャトル【新型車】 / navi

(2011/06/16)

人気のフィットをベースに開発されたワゴン
ハイブリッドモデルもラインナップ

ホンダ フィットシャトル|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のホライゾンターコイズ・パールを含む全9色
コンセプト
キーワードは「コンパクトを革新せよ」
常識を超える価値の創造が目指された
大ヒットコンパクトカーのフィットをベースにしたステーションワゴンのフィットシャトルがデビュー。コンセプトは「上手に贅沢するクルマ」。コンパクトカーの常識を超える価値が創造され、そのために3つの柱が用意された。

一つはコンパクトクラスの想像を超える広さ・使い勝手。フィットで構築したパッケージングテクノロジー「センタータンクレイアウト」を核に、床面が低く広々とした空間が与えられた。

二つめはスモールクラスの経済性。フィットハイブリッドと同様のIMAシステムを一部グレードに採用し、10・15モード燃費30km/Lを実現。また1.5Lエンジン搭載車もi-VTECやCVTの採用で、同20km/Lというクラストップレベルの燃費性能を達成している。

最後はミドルクラスの上質・快適。同社のミドルクラスセダン、アコードに匹敵する静粛性や安定した乗り心地が目指された。さらに、スタイリングやインテリアの雰囲気など、見て、触れて、走って感じる質感にこだわり、開発したという。
内外装
流麗さと存在感が表現されたエクステリア
上質感が追求された質感の高いインテリア
エクステリアのデザインコンセプトは、「STYLISH SPACE-FORM」。空間のゆとりを感じさせながら、スタイリッシュで堂々としたスタイリングが目指された。メッキが施された立体感あふれるフロントグリルから、豊かな空間を感じさせるロングキャビンを流麗なラインでつないだ伸びやかなフォルムが与えられている。

ハイブリッドには、メッキにクリアブルー塗装を施した未来感のあるアクリルカバーをあわせたフロントグリルなど、専用のエクステリアが与えられた。

インテリアは乗り込んですぐに感じられる上質さが目指されている。シートはホンダのミドルセダン車に採用されているシートフレームをベースに設計され、優れたホールド性と座り心地を実現。シート表皮には、センター部にやわらかな触感の合成皮革、グランスムースが採用された。

センタータンクレイアウトによる高度なパッケージング技術や低床技術により590L(ハイブリッドは517L)を確保したラゲージなど、ワゴンならではの高いユーティリティ性能も魅力だ。
バリエーション
パワートレインは、2種類を用意
ガソリンモデルは、FF/4WDを選択可能
パワートレインは、1.3Lエンジン+IMAシステムのハイブリッドと1.5Lガソリンエンジンの2種類。ハイブリッド車は30km/L、FFのガソリンエンジン車は20km/Lという燃費を実現している。

組み合わされるトランスミッションは全モデルにCVTを採用。駆動方式はハイブリッドはFFのみ。ガソリン車はFFに加え4WDも用意される。

価格は1.5Lエンジンを搭載したエントリーモデル15Cの161.0万円から、ナビを標準装備したHYBRIDナビプレミアムセレクションの233.0万円までとなっている。
POINT
1スタイリッシュかつ堂々とした
スタイリングが実現された
ホンダ フィットシャトル リアスタイル|ニューモデル速報
2各々メッキリングが施された
上質感漂う3連メーター
ホンダ フィットシャトル インパネ|ニューモデル速報
3上級セダンのシートフレームを採用
様々な工夫で横方向の余裕も実現
ホンダ フィットシャトル シート|ニューモデル速報
4ベースとなったフィットと同様に
ハイブリッド仕様もラインナップ
ホンダ フィットシャトル ハイブリッド|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード15C15Xハイブリッド ナビプレミアムセレクション
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4410×1695×15404410×1695×15654410×1695×1540
ホイールベース(mm)2500
車両重量(kg)114012301210
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHC直4SOHC+モーター
総排気量(cc)14961339
最高出力[kW(ps)rpm]88(120)/660065(88)/5800+10(14)/1500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]145(14.8)/4800121(12.3)/4500+78(8.0)/1000
10・15モード燃費(km/L)20.016.430.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/42レギュラー/40
車両本体価格(万円)161.0182.56233.0
■発表日:平成23年6月16日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
8
down
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027