新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧リンカーン MKX【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

リンカーン MKX【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/03/28)

内外装や駆動系を全面刷新

リンカーン MKX|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のタキシードブラックと、ホワイトプラチナムの2色展開
アメリカを代表するプレミアムブランド、リンカーンによるミドルサイズのクロスオーバー・ユーティリティ・ビークル、MKXに内外装および、パワートレインを含む大幅な改良が施された。

エクステリアでは、フロントマスクにリンカーンの特徴である大型の“スプリット・ウイング・グリル”が与えられた。ほかにもブランドのアイデンティティを象徴する“ウイング・シェイプ”をモチーフとしたデザインが随所に施されている。インテリアでは、プレミアムレザーをはじめウォールナット・ウッドパネルの採用など素材にこだわることで、上質な空間が演出された。

この変更を機に、ユーザーインターフェイスにも最新技術が導入されている。独自のドライバー・コネクト・テクノロジー、マイリンカーンタッチが新たに採用された。これは、8インチのタッチパネル式カラースクリーンにさまざまな情報や機能を一元化し、スマートフォン感覚での操作を可能とする技術で、メーター内でもこれらの情報を確認ができ、ステアリング上のスイッチやSYNC(英語音声操作)によってコントロールすることもできるというすぐれもの。

エンジンは、フォード マスタングなどにも搭載される3.7LのV6DOHCが採用された。エンジンパフォーマンスの向上と燃費改善を可能とするTi-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)が装備され、最高出力は従来型の3.5Lエンジンに比べ、40psアップされている。組み合わされるトランスミッションは、6速ATとなる。このパワートレインに合わせて、サスペンションやブレーキにもチューニングが施された。さらに、インテリジェントAWDシステムや、車両の挙動を感知し、安定した状態へ導くロール・スタビリティ・コントロール付きアドバンストラックなどのハイテクも装備されている。

モノグレード展開で、価格は630万円となる。従来型より20万円のプライスダウンが実現された。

グレードリンカーンMKX
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4740×1930×1685
ホイールベース(mm)2820
車両重量(kg)2030
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3721
最高出力[kW(ps)rpm]227(309)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]380(38.7)/4000
10・15モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/72
車両本体価格(万円)630.0
■発表日:平成23年3月22日 ■取り扱い:フォード販売会社
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027