新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウスα【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウスα【新型車】 / navi

(2011/05/16)

新しい時代の広くて使いやすいハイブリッド車
5人乗りと7人乗りの2タイプを用意

トヨタ プリウスα|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のシルバーメタリックを含む全8色
コンセプト
居住性の高さと使い勝手の良さに加え
環境性能を絶妙にバランスさせたパッケージ
トヨタプリウスの高い環境性能をベースに、広さや使いやすさなどユーザーのニーズに応えるハイブリッド車を目指したプリウスα。基本のメカニズムはプリウス譲り。ハイブリッドシステムのTHS-IIがもたらす走りの楽しさに加えて、ゆとりある居住空間とラゲージスペース。また、スタイリッシュなエクステリアや先進装備などによるプリウスらしさもファントゥドライブの魅力となっているという。

さらにファミリーからパーソナルユースまで多様なライフスタイルに対応するべく、広いラゲージをもつ5人乗り仕様と、ファミリーや多人数乗車に対応する7人乗り仕様が用意される。
内外装
新ジャンルのハイブリッド車像が表現されたエクステリア
室内は扱いやすいサイズと優れた居住性を両立
エクステリアは、「先進」「クリーン」「ファン(FUN)」の3テーマが掲げられた。プリウスのトライアングルシルエットをさらに進化させることで、広いラゲージスペースや3列シートスペースを予感させる造形を融合。空力性能にも配慮され、細部まで、ボディ形状の最適化を行うことで、室内スペースやデザインを犠牲にすることなく、Cd値0.29というクラストップレベルの値が実現された。

インテリアは、センターコンソールからセンタークラスター、メーターへと吹き抜けるようなダイナミズムと水平方向に広がる印象により、横への広がりを感じさせるデザインが与えられている。シンプルでモダンな印象の意匠とあわせて、快適な広さ感と先進性の両立が図られた。

快適な居住空間が目指された室内スペースは、5人乗り仕様では前後長985mm、容量535Lというラゲージスペースが実現された。ゴルフバッグ4セットを収納することが可能だという。7人乗り仕様では、身長170cmまでの乗員が着座可能な3列シートスペースを用意。なお、7人乗車した状態でもラゲージスペースは200Lの容量が確保される。

プリウスならではの最新デバイスも装備されている。一つのダイヤルで吹き出し口の切り替えや設定温度の調整、風量調節の3機能を操作できるワンダイヤルエアコンディショナーコントロールを全車に標準装備。さらに安全デバイスとして、ミリ波レーダーセンサーからの情報で衝突が避けられないと判断した場合、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突速度や被害の軽減を図るプリクラッシュセーフティシステムも一部グレードにメーカーオプションで設定された。
バリエーション
パワートレインはプリウスと共通
7人乗り仕様はリチウムイオンバッテリーを採用
パワートレインは、プリウスにも採用される1.8Lのアトキンソンサイクルエンジン+ハイブリッドシステムのTHS-IIとなる。ただし5人乗りと7人乗りでは、モーターを駆動させるためのバッテリーに違いが見られる。5人乗り仕様は、プリウスと同じニッケル水素バッテリーをラゲージルーム内デッキボード下に配置。7人乗り仕様は、新開発のコンパクトなリチウムイオンバッテリーをセンターコンソールボックス内に搭載する。いずれの仕様でも、10・15モード燃費は31.0km/Lという優れた数値が実現された。

価格は5人乗りのエントリーモデル、S Lセレクションの235万円から、7人乗りの最上級グレード、G ツーリングセレクション・スカイライトパッケージの330万5000円までとなっている。
POINT
1先進性と居住性の両立を
予感させるパッケージング
トヨタ プリウスα リアスタイル|ニューモデル速報
2広々感とハイテク感を
巧みに融合させたインパネ
トヨタ プリウスα インパネ|ニューモデル速報
3身長170cmの乗員が
搭乗可能な3列目シート
トヨタ プリウスα シート|ニューモデル速報
4上級グレードに標準装備される
樹脂パノラマルーフ
トヨタ プリウスα 樹脂パノラマルーフ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードS LセレクションG ツーリングセレクションG ツーリングセレクション・スカイライトパッケージ
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4615×1775×15754615×1775×1600
ホイールベース(mm)2780
車両重量(kg)145014701490
乗車定員(人)57
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1797
最高出力[kW(ps)rpm]73(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]142(14.5)/4000+207(21.1)
10・15モード燃費(km/L)31.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)235.0300.0330.5
■発表日:平成23年5月13日 ■取り扱い:トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027