新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A7スポーツバック【新型車】 / navi

クルマニュース

アウディ A7スポーツバック【新型車】 / navi

(2011/05/19)

1ボディにクーペ/セダン/ステーションワゴンの魅力を凝縮
プレミアムラージセグメントの4ドアクーペ

アウディA7スポーツバック|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のアイスシルバーを含む全10色
コンセプト
高級素材が惜しみなく注ぎ込まれた
新コンセプトのラグジュアリー4ドアクーペ
クーペのもつスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバント(ステーションワゴン)の優れた実用性を融合した新しいコンセプトのラグジュアリー4ドアクーペ、A7スポーツバックがデビューを果たした。

2010年1月にデビューしたA5スポーツバックの兄貴分にあたる、プレミアムラージセグメントの4ドアクーペとなる。

最新のA7スポーツバックには、ボディにアルミニウム素材が採用され、軽量&高剛性化を実現。先進の環境技術や安全装備など、数多くの特徴が備えられた。
内外装
躍動感と洗練さが魅力のエクステリア
工芸品レベルの品質を誇るインテリア
エクステリアはスポーツクーペのような低い全高、極限まで切り詰められた前後オーバーハング、精密なプレスラインと引き締まった面構成などにより、躍動感が演出された。

インテリアはパーツの細部にいたるまで、工芸品レベルの高い品質が追求された。ドライバーを包み込む特徴的な形のラップアラウンドデザインでまとめられた。夜間走行時のインテリアを光で演出するLEDアンビエンスライトやタッチパッドと電動格納式8インチ大型モニターを備える最新世代のMMI(マルチメディアインターフェイス)、プレミアムサウンドシステムなどが標準装備された。

大きな開口部をもつ電動式リアゲートを開けると、通常で535L、最大ではステーションワゴンに匹敵する1390Lの広大なラゲージスペースが現れる。
バリエーション
直噴スーパーチャージャーユニットを
最新のクワトロシステムで駆動
エンジンは最高出力300psを発生させる3Lの直噴V6+スーパーチャージャーユニット。トランスミッションは、7速Sトロニックが組み合わされる。駆動方式は軽量化とレスポンス向上を実現する、クラウンギアセンターディファレンシャルが採用された最新式のクワトロシステムによる4WDとなる。

モノグレードで、価格は879万円となっている。
POINT
1エレガンス、快適性、利便性
ボディには様々な要素が盛り込まれた
アウディ A7スポーツバック リアスタイル|ニューモデル速報
2新世代のMMIやオーディオなど
高いクオリティの装備が施された
アウディ A7スポーツバック インパネ|ニューモデル速報
3アバントに匹敵する容量の
ラゲージスペースを実現
アウディ A7スポーツバック ラゲージスペース|ニューモデル速報
4最高出力300psを発生する
V6直噴+スーパーチャージャー
アウディ A7スポーツバック エンジン|ニューモデル速報
グレード3.0T FSI クワトロ
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4990×1910×1430
ホイールベース(mm)2915
車両重量(kg)1900
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC+スーパーチャージャー
総排気量(cc)2994
最高出力[kW(ps)rpm]220(300)/5250~6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]440(44.9)/2900~4500
10・15モード燃費(km/L)10.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/65
車両本体価格(万円)879.0
■発表日:平成22年5月17日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027