新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン パサート/パサートヴァリアント【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン パサート/パサートヴァリアント【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/05/20)

Dセグメントトップレベルの環境性能を獲得
10・15モード燃費は、18.4km/Lを達成

フォルクスワーゲン パサート|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のディープブラックパールエフェクトを含む全6色
コンセプト
独自の環境技術、ブルーモーションによる
高い燃費性能が実現された
フォルクスワーゲンの上級セダンおよび、ワゴンモデルであるパサート/パサートヴァリアントが、7代目へとフルモデルチェンジを果たした。全モデルにメーカー独自の環境技術、BlueMotion(ブルーモーション)テクノロジーを採用し、高い燃費性能が与えられている。

最大のポイントは排気量わずか1.4Lの直噴シングルターボエンジン。このエンジンは自然吸気の2Lエンジンに相当する200N・mの最大トルクを1500~4000rpmという低回転域から発生させている。

7速DSGミッションとの組み合わせや、アイドリングストップ機構「Start/Stopシステム」、ブレーキエネルギー回生システムなどの採用で、10・15モード燃費は、先代モデルのパサート2.0FSI比で67%もの向上を果たし18.4km/Lを達成。パサートおよび、同ヴァリアントの全モデルが75%のエコカー減税対象となった。
内外装
シャープな印象のエクステリア
精緻で上質な空間が演出されたインテリア
エクステリアはフロントグリルに配されたクロームのバーや中央のVWマークなど、フォルクスワーゲンの最新トレンドに則ったシャープさが追求されたデザインとなった。無駄な装飾を排し、洗練、明快さ、信頼感が強く打ち出されている。リアコンビネーションランプには、視認性が高く応答性の良いLEDが採用された。

インテリアは水平基調のソフトなダッシュボードが特徴。インパネ上部にアナログ時計が配されるなど、精緻で上質な空間が目指された。上級車種のハイラインでは、ウォールナットやアルミの化粧パネルが与えられる。

最新の安全装備であるドライバー疲労検知システムも採用された。ドライバーの集中力の低下をステアリングなどへの入力から検出し、アラーム音や表示により、休憩を促すという先進的なもの。
バリエーション
パワートレインは1種類
装備の違いによる2グレードを用意
パワートレインは先述の1.4L直噴シングルターボ+7速DSGに統一された。ラインナップはセダン/ヴァリアントともに2グレードが用意される。エントリーグレードのコンフォートラインでも、カーテン/サイドエアバッグを含む8エアバッグや、2ゾーンフルオートエアコンなどの豪華装備が施されている。上級のハイラインでは、さらに8ウェイのレザーシートや、マルチファンクションステアリングやパドルシフトなどの装備が追加される。

価格はセダンのコンフォートラインの324万円から、ワゴンのハイラインの396万円までとなっている。
POINT
1無駄な装飾を排することで
洗練、明快さ、信頼感を強調
フォルクスワーゲン パサート リアスタイル|ニューモデル速報
2クオリティの高いインパネ
精緻で上質な空間を演出
フォルクスワーゲン パサート インパネ|ニューモデル速報
3ホールド性の良さそうなシート
上級モデルはナパレザーを採用
フォルクスワーゲン パサート シート|ニューモデル速報
4セダンと同時にデビューした
スタイリッシュなヴァリアント
フォルクスワーゲン パサートヴァリアント|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードパサート
コンフォートライン
パサート
ハイライン
パサートヴァリアント
コンフォートライン
パサートヴァリアント
ハイライン
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4785×1820×14904785×1820×1530
ホイールベース(mm)2710
車両重量(kg)14301470
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1389
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1500~4000
10・15モード燃費(km/L)18.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)324.0374.0346.0396.0
■発表日:平成23年5月19日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027