新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン C4【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

シトロエン C4【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/06/08)

上質さとシトロエンらしい走行感覚の融合
Cセグメントのベンチマークが目指された

シトロエン C4|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真の新色、グリ シャークを含む全7色
コンセプト
バランスのとれたクオリティ
シトロエンらしい乗り心地とハンドリング
全世界で100万台以上を販売し、日本でもシトロエン登録台数の45%を占める重要なモデルとなったヒット作、C4が7年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジを果たした。シトロエンのブランドシグネャーである「クリエイティブ・テクノロジー」に基づき、デザイン、快適性、そして安全性が徹底して追求された。

シトロエン伝統の卓越したシャーシ技術は継承され、金属バネでありながら、しなやかな乗り心地と正確かつナチュラルなハンドリングの両立を実現したという。
内外装
大型化されたダブルシェブロンが特徴
クラストップレベルの室内空間
エクステリアは旧型より全長+35mm、全幅+15mm、全高+10mmとわずかに拡大された。シャープなラインの中に力強さと安定感を表現しつつ、シトロエンらしいエレガントなテイストも盛り込んだスタイリングを実現。フロントマスクには、大型化されたグリルとともに新しいエンブレムがレイアウトされている。

室内ならびにラゲージルームのゆとりが、クラストップレベルに引き上げられた。特にヘッドクリアランスと室内幅のゆとりを広げ、大人4名がゆったりと寛げる空間を実現。ラゲージルームも380Lとクラス最大の容量が確保されている。

室内のクオリティも高められた。新素材「スラッシュスキン」を採用することで、ダッシュボードの触感を向上。スイッチなどのクリック感も見直されている。クルーズコントロールやオーディオをハンドル回りで操作できるステアリングスイッチを全車に採用することで、ドライビングに集中できる環境が備えられている。

室内の静粛性も、遮音フロントウインドウの採用や、エンジンルーム内に吸音材を効果的に配置することで向上された。
バリエーション
2種類のパワートレインを採用
上級グレードは装備も充実
パワートレインはおなじみのミニとの共同開発による1.6Lの直4エンジンで、エントリーグレードであるセダクションはNA仕様。上級グレードのエクスクルーシブにはターボ仕様が与えられる。組み合わされるミッションはセダクションが4ATで、エクスクルーシブは6速EGSとなる。ボディの軽量化や新しいミシュランタイヤとのマッチングなどにより、セダクションで6%、エクスクルーシブは25%の燃費性能の改善が図られた。

ほかにもセダクションとの違いとして、エクスクルーシブには1.3平方メートルのパノラミックガラスルーフ(セダクションにもオプションで用意)やアクティブランバーサポート、収納性に優れる大型センターコンソールなどの快適装備が採用された。

価格はセダクションが256万円、エクスクルーシブが299万円となっている。
POINT
1力強さとエレガンスを
高次元でバランス
シトロエン C4 リアスタイル|ニューモデル速報
2ダッシュボードの質感や
スイッチのクリック感も向上
シトロエン C4 インパネ|ニューモデル速報
3室内とラゲージスペースは
クラストップレベルの広さ
シトロエン C4 シート|ニューモデル速報
41.3平方メートルの面積を誇る
パノラミックガラスルーフ
シトロエン C4 パノラミックガラスルーフ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードセダクションセダクション パノラミックガラスルーフパッケージエクスクルーシブ
駆動方式FF
トランスミッション4AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4330×1790×1490
ホイールベース(mm)2610
車両重量(kg)131013201370
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]88(120)/6000115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]160(16.3)/4250240(24.5)/1400-3500
JC08モード燃費(km/L)12.111.513.1
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)256.0273.0299.0
■発表日:平成23年6月7日 ■取り扱い:シトロエン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027