新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ デミオ【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ デミオ【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/06/10)

10・15モード燃費30km/Lを実現する、新グレードを設定

  • マツダ デミオ|ニューモデル速報
  • マツダ デミオ エンブレム|ニューモデル速報
↑ボディカラーは13ーSKYACTIV専用色、アクアティックブルーマイカを含む全11色(左) SKYACTIVとi-stopを組み合わせることで、高い燃費性能を実現(右)
マツダの代表的なコンパクトカーであり、海外ではBセグメントハッチバックとしてMAZDA 2の名称で人気を博すデミオにマイナーチェンジが施された。「SKYACTIV TECHNOLOGY」が盛り込まれた新グレード「13-SKYACTIV(スカイアクティブ)」が設定されている。

エクステリアはマツダの共通デザインである5ポイントグリルの新しいフロントフェイスを採用。スポーティさを強調するものに改められた。インテリアではシート生地の変更やメーターパネルのブラック化、インストルメントパネルにシルバー加飾が施されるなど、質感の向上が図られている。瞬間燃費や平均燃費などの情報を表示するトリップコンピュータも全モデルに採用された。

今回のマイナーチェンジにおける最大の目玉となるのが、新グレード「13-SKYACTIV(スカイアクティブ)」の設定だ。マツダが考える「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で両立させる技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」が投入された、新開発の直噴1.3Lエンジン「SKYACTIV-G 1.3」を採用。

これは、1.3Lクラスでは世界一の高圧縮比である14.0を実現することで、高い効率が追求されたもの。このエンジンを搭載するデミオ13-SKYACTIVは、アイドリングストップシステム「i-stop」との組み合わせで、10・15モード燃費30.0km/L、JC08モード燃費で25.0km/Lを達成している。

13-SKYACTIVには、ドライバーが運転を楽しみながら快適で燃費の良い運転を車がサポートする新開発の「i-DM」や、電子制御式ブレーキアシストが組み込まれる横滑り防止装置のDSC、トラクションコントロールシステムなども採用されている。また、ボディ下部のエンジンアンダーカバーやリアスポイラー、専用の14インチアルミホイールなど空力パーツが装備されたことで、Cd値0.29という優れた空力性能が実現された。

価格はエントリーグレード「13C」の114万9000円から、1.5Lエンジンを搭載する最上級グレード「SPORT」の162万1750円まで。全体的に価格は下げられた。注目の新グレード、13-SKYACTIVは140万円となる。なお発売は6月30日からの予定となっている。
グレード13C13C-V13-SKYACTIVSPORT
駆動方式FF
トランスミッション4ATCVT
全長×全幅×全高(mm)3900×1695×1475
ホイールベース(mm)2490
車両重量(kg)99010101020
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)134812981498
最高出力[kW(ps)rpm]67(91)/600066(90)/600062(84)/540083(113)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]124(12.6)/3500120(12.2)/4000112(11.4)/4000139(14.2)/4000
10・15モード燃費(km/L)21.023.030.019.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/41レギュラー/35レギュラー/41
車両本体価格(万円)114.9129.0140.0162.175
■発表日:平成23年6月9日 ※発売は6月30日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027