新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ デミオ【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ デミオ【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/06/10)

10・15モード燃費30km/Lを実現する、新グレードを設定

  • マツダ デミオ|ニューモデル速報
  • マツダ デミオ エンブレム|ニューモデル速報
↑ボディカラーは13ーSKYACTIV専用色、アクアティックブルーマイカを含む全11色(左) SKYACTIVとi-stopを組み合わせることで、高い燃費性能を実現(右)
マツダの代表的なコンパクトカーであり、海外ではBセグメントハッチバックとしてMAZDA 2の名称で人気を博すデミオにマイナーチェンジが施された。「SKYACTIV TECHNOLOGY」が盛り込まれた新グレード「13-SKYACTIV(スカイアクティブ)」が設定されている。

エクステリアはマツダの共通デザインである5ポイントグリルの新しいフロントフェイスを採用。スポーティさを強調するものに改められた。インテリアではシート生地の変更やメーターパネルのブラック化、インストルメントパネルにシルバー加飾が施されるなど、質感の向上が図られている。瞬間燃費や平均燃費などの情報を表示するトリップコンピュータも全モデルに採用された。

今回のマイナーチェンジにおける最大の目玉となるのが、新グレード「13-SKYACTIV(スカイアクティブ)」の設定だ。マツダが考える「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で両立させる技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」が投入された、新開発の直噴1.3Lエンジン「SKYACTIV-G 1.3」を採用。

これは、1.3Lクラスでは世界一の高圧縮比である14.0を実現することで、高い効率が追求されたもの。このエンジンを搭載するデミオ13-SKYACTIVは、アイドリングストップシステム「i-stop」との組み合わせで、10・15モード燃費30.0km/L、JC08モード燃費で25.0km/Lを達成している。

13-SKYACTIVには、ドライバーが運転を楽しみながら快適で燃費の良い運転を車がサポートする新開発の「i-DM」や、電子制御式ブレーキアシストが組み込まれる横滑り防止装置のDSC、トラクションコントロールシステムなども採用されている。また、ボディ下部のエンジンアンダーカバーやリアスポイラー、専用の14インチアルミホイールなど空力パーツが装備されたことで、Cd値0.29という優れた空力性能が実現された。

価格はエントリーグレード「13C」の114万9000円から、1.5Lエンジンを搭載する最上級グレード「SPORT」の162万1750円まで。全体的に価格は下げられた。注目の新グレード、13-SKYACTIVは140万円となる。なお発売は6月30日からの予定となっている。
グレード13C13C-V13-SKYACTIVSPORT
駆動方式FF
トランスミッション4ATCVT
全長×全幅×全高(mm)3900×1695×1475
ホイールベース(mm)2490
車両重量(kg)99010101020
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)134812981498
最高出力[kW(ps)rpm]67(91)/600066(90)/600062(84)/540083(113)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]124(12.6)/3500120(12.2)/4000112(11.4)/4000139(14.2)/4000
10・15モード燃費(km/L)21.023.030.019.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/41レギュラー/35レギュラー/41
車両本体価格(万円)114.9129.0140.0162.175
■発表日:平成23年6月9日 ※発売は6月30日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027