新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 508【新型車】 / navi

クルマニュース

プジョー 508【新型車】 / navi

(2011/06/10)

今後のプジョーデザインを提示する初の量産モデル
フラッグシップとしての任を務めるセダン&ワゴン

プジョー 508セダン|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のエジプシャン・ブルーを含む全8色
コンセプト
407から受け継がれたフラッグシップ
軽量化により燃費性能も向上
日本におけるプジョーの最上級モデル、407を引き継いだ4ドアサルーンおよび、ワゴンモデルが508だ。プジョーデザインの新しい方向性を提示した初の量産モデルでもある。

ボディサイズは407との比較で、全長が+105mm(ワゴンでは+40mm)、ホイールベースが+90mm、全幅は+15mmと拡大されているにもかかわらず、重量はセダンで40kg、ワゴンでは70kgものダイエットに成功。空気抵抗係数(Cd値)は、セダンで0.26、ワゴンで0.27という優れた数値を実現することで、燃費の向上にも貢献している。
内外装
プジョーデザインの新たな方向性を提示
クラス最大級の室内およびラゲージ空間を獲得
エクステリアはブランド創業200周年にあたる2010年のジュネーブで公開された、コンセプトモデル「SR1」が原点とされている。一つの塊から削り出されたような面構成、ロングノーズが生み出す疾走感、均整のとれたプロポーション、小さめのグリルが浮き上がって見えるフローティンググリルなどが特徴。

インテリアはヘッドクリアランス、ニースペース、ショルダー部とも余裕のあるサイズが確保された。特に後席のニースペースは、407に比べて53mm広げられている。また、騒音の発生源までたどり、各所に防音・遮音対策が施された結果、フラッグシップにふさわしい高い静粛性が実現された。

装備はステアリングホイールには、オーディオコントロールやクルーズコントロール、スピードリミッターなど、使用頻度の高いスイッチ類を配置したステアリングスイッチを採用。さらに、シフトチェンジができるパドルシフトも装備されている。また、運転席/助手席/後席左右の4つのゾーンで、それぞれ自由に設定が行える4ゾーン独立調整式オートエアコンが採用された。ステーションワゴンの「SW」には、プジョーのお家芸、パノラミックガラスルーフが標準装備される。
バリエーション
ダウンサイジングされたエンジン
装備の違いによる2グレードを用意
エンジンは従来モデルの3L/2.2Lからダウンサイジングされた、最高出力156ps/最大トルク24.5kg-mを発生する1.6L直4DOHC+ツインスクロールターボを搭載。最大トルクを1400回転から発生することで、市街地走行から高速走行まで思い通りのパワフルなドライビングが可能だという。ヨーロッパの厳しい排ガス規制“Euro5”もクリアし、10・15モード燃費はセダンで11.0km/L、SWでは10.8km/Lを実現した。組み合わされるミッションは6速ATとなる。

セダン/ワゴンともに装備の違いによる2グレードが用意される。エントリーモデルのアリュールでもHDDナビやスマートキーなどは標準装備され、上級のグリフではさらに、本革シートやカラー・ヘッドアップディスプレイ、ディレクショナル・キセノン ヘッドライト&LEDポジションランプなどが追加される。

価格はセダンのエントリーモデルであるアリュールの374万円から、ワゴンのグリフの437万円までとなっている。
POINT
1SR1コンセプトのイメージを
受け継いだエクステリア
プジョー 508 リアスタイル|ニューモデル速報
2ステアリングスイッチを標準装備
パドルシフトによる変速も可能
プジョー 508 インパネ|ニューモデル速報
3後席スペースは53mm拡大
ラゲージスペースもクラス最大級
プジョー 508 シート|ニューモデル速報
4ワゴンの「SW」には
パノラミック ガラスルーフが備わる
プジョー 508 SW|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードセダン アリュールセダン グリフSW アリュールSW グリフ
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4790×1855×14554815×1855×1505
ホイールベース(mm)2815
車両重量(kg)15201560
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400~3500
10・15モード燃費(km/L)11.010.8
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/72
車両本体価格(万円)374.0414.0394.0437.0
■発表日:平成23年6月9日 ■取り扱い:プジョー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
【試乗】新型 ボルボ S60|スポーティさとコンフォートな乗り心地を両立したボルボのフラッグシップセダン(2019/11/16)
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り(2019/11/08)

アクセスランキング

1
up
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
2
down
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
3
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
4
up
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
5
down
【新型】トヨタ RAV4|アメリカで大人気のSUVが2年8ヵ月ぶりに日本凱旋(2019/09/17)
6
keep
【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化(2019/08/15)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ A200d│クリーンディーゼル搭載車「A200d」がAクラスの本命だ!!(2019/07/29)
8
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン(2019/10/27)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Bクラス|力強さを増してメルセデス史上最高のFF車に進化!(2019/08/17)
10
keep
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027