新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ アベンシス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ アベンシス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2011/06/24)

欧州で鍛え抜かれたDNAを継承し
ヨーロッパテイストの本質と魅力を実現

トヨタ アベンシス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のブラックマイカを含む全3色
コンセプト
欧州のライバル車をターゲットに
ヨーロピアンワゴンの本質にこだわって開発された
多くの競合車が凌ぎを削る欧州市場に、トヨタ初のDセグメントカーとして1997年に投入されたアベンシス。3代目となる本モデルも英国のTMUK(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・UK)にて生産され、日本に導入される逆輸入車になる。

欧州で開発・生産された結果、動力性能や乗り心地、操縦・走行安定性、静粛性、安全性がバランスよく備わった欧州基準のトヨタ車となっている。安全性能では欧州で権威のある衝突安全評価、Euro NCAPで最高ランクを獲得した。
内外装
ダイナミズムとプレミアム感の融合
ゆとりの室内空間に扱いやすさをプラス
エクステリアは流れるようなサイドシルエットにエンブレムを立体的に強調させたフロントフェイスや、水平なキャラクターラインによりワイド感が与えられたリアのデザインなどダイナミックな造形を組み合わせることで、存在感のあるヨーロピアンスタイリッシュのフォルムが実現された。

インテリアはスポーティで上質な欧州車らしさにオプティトロンメーターなどが加わり、独自のインテリア空間に仕上げられた。ドアトリムを凹面にすることで広がり感のあるゆったりとした室内空間を演出。センタークラスターやステアリングホイールにはチタン調加飾や上質な本革が施され、プレミアム感が表現された。

ミドルサイズワゴンとしてのユーティリティ性能も追求されており、室内空間は上級セダンと同じゆとりを提供するべく、前後席間距離は936mmを確保。長距離でもゆったりとくつろげる居住空間が目指された。通常時のトランク容量は543Lで荷室長は1110mm。リアシートを格納すれば1920mmに延長される。
バリエーション
欧州で鍛え上げられた
2Lの直4エンジン+CVT
駆動系にはバルブタイミングを最適に制御するデュアルVVT-iとバルブマチック搭載の2L直4DOHCエンジンに、欧州専用にチューニングされた7速パドルシフト付きのスーパーCVT-iが組み合わされる。環境性能にも配慮され、「平成22年度燃費基準+10%」をクリア。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得している。サスペンションは欧州仕様そのままで、前後にスタビライザーが備えられた走行安定性に優れる足回りが実現された。

モノグレードで価格は「Xi」の250.0万円のみだ。なお、発売日は9月19日からとなっている。
POINT
1遠目でも目立つ存在感
ダイナミズムと流麗さの融合
トヨタ アベンシス リアスタイル|ニューモデル速報
2本革やチタン調加飾が施され
プレミアム感を巧みに表現
トヨタ アベンシス インパネ|ニューモデル速報
3前後席間など、居住空間は
欧州基準のゆとりを実現
トヨタ アベンシス シート|ニューモデル速報
4荷室長は通常で1110mm
後席を収納すれば1920mmに拡大
トヨタ アベンシス ラゲージルーム|ニューモデル速報
Photo/奥隅圭之
SPECIFICATIONS
グレードXi
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4765×1810×1480
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1470
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1986
最高出力[kW(ps)rpm]112(152)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4000
10・15モード燃費(km/L)14.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)250.0
■発表日:平成23年6月24日(発売は9月19日) ■取り扱い:トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027