新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 アウトランダー【スクープ!】 / navi

クルマニュース

三菱 アウトランダー【スクープ!】 / navi

(2011/06/23)

調査報告書 2011年6月
File No.087

三菱 アウトランダー

※2011年6月23日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

三菱 アウトランダー 予想イラスト|ニューモデル速報
三菱 i-MiEV|ニューモデル速報三菱 ミニキャブMiEV|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2013年1月
●全長x全幅x全高:4650×1800×1670(mm)
●搭載エンジン:1.6L直4+モーター
i-MiEVで培ったノウハウを継承しPHVに

他社がハイブリッドカー戦略に躍起になっている中、2009年にリチウムイオン電池を搭載するEV(電気自動車)、i-MiEV(アイミーブ・写真右上)を投入し、一歩前に抜き出た三菱自動車。次なるエコカーの一手とは?

このEV技術を転用し、今後5年以内に8車種のEVおよびPHV(プラグインハイブリッド)をリリースする予定だという。口火を切るのが、年内に登場するミニキャブMiEV(写真右下)だ。

そして今回の主役であるアウトランダーは2013年の年初ににデビューする予定。こちらはEV技術を応用した、三菱では初となる本格的なPHVとして発売される。2009年の東京モーターショーで披露したコンセプトモデル、PX-MiEVで提示した三菱なりのPHVの考え方を商品化したものといえる。

PHVとは満充電からスタートして十分なバッテリー残量が確保されている間はEVとして走るハイブリッド車のことだが、三菱のPHVには2つの特徴が見られる。 一つめの特徴は、エンジンの動力をバッテリー充電にあて、なるべくモーターだけで走らせようとする思想が見られること。もちろん高速域などエンジンで走ったほうが効率の良い場面では、エンジンの動力はタイヤの駆動にも用いられる。

もう一つは駆動方式。コンセプトモデルでは後輪用にモーターが設けられ、いわゆるe-4WDが形成されていた。床下にリチウムイオン電池が搭載されることを考えると、後輪に向けてプロペラシャフトを通すことが難しいためだろう。このe-4WD方式は量産車にも採用される可能性が高く、次期デリカD:5などにも流用される可能性もある。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027