新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ 新型UV(ユーティリティビークル)【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ 新型UV(ユーティリティビークル)【スクープ!】 / navi

(2011/06/30)

調査報告書 2011年6月
File No.088

ホンダ 新型UV(ユーティリティビークル)

※2011年6月30日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ 新型UV 予想イラスト|ニューモデル速報
ホンダ HR-V|ニューモデル速報ホンダ クロスロード|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2014年8月
●全長x全幅x全高:4350×1745×1640(mm)
●搭載エンジン:2L直4
SUVにミニバンの要素をプラスし、三度目の正直を狙う

CR-Vの弟分を目論んで何度かクロスオーバーモデルを送り込んだものの、成功と呼べるほどには成長しなかったホンダのUV(ユーティリティビークル)。三度目の正直を目指し、新たなモデルを開発しているという。

CR-Vの弟分モデルは、1998年デビューのHR-V(写真右上)に端を発する。次いで2007年に送り込んだクロスロード(写真右下)は、わずか3年半で生産が打ち切られ、希少車と呼べそうな存在に終わっている。

クロスロードの廃止が2010年の8月で、もうすぐ1年がたとうとしている。不在になったポジションをホンダがいつまでも空けておくはずはない。なにせエアウェイブの廃止から半年ほどでフィットシャトルが送り込めるよう、水面下で準備を進めていた会社なのだから。

ホンダがHR-Vおよびクロスロード所有者の受け皿を用意していることは想像に難くない。断片的に漏れ伝わる新型UVモデルはクロスロードの後継車であり、車格やコンセプトは遠く離れたものではなさそうだ。車高を上げたSUVテイストにミニバンの魅力をミックスしたモデルも考えられる。

このSUV+ミニバン像には、信憑性がある。実はこのUVのデビューと引き換えにストリームの生産終了が予定されているのだ。2列シート+αのユーティリティ性能が与えられても不思議ではない。コンセプトを模索中ということもあり、2011年秋の東京モーターショーにスタディモデルが出品される可能性もある。今度の東モは、ホンダブースに注目だ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027