新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー308/308SW/308CC【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

プジョー308/308SW/308CC【マイナーチェンジ】 / navi

(2011/06/28)

新世代のプジョーデザインを採用し、クオリティと装備の充実化を実現

  • プジョー 308SW|ニューモデル速報
  • プジョー 308 リヤスタイル|ニューモデル速報
↑ボディカラーは新色2色を含む全9色。エクステリアは、508に続いて新世代のプジョーデザインが与えられた
プジョーのCセグメントモデルとして人気の308シリーズにマイナーチェンジが施された。この変更は、ハッチバック、ワゴンのSW、クーペカブリオレのCCとシリーズ全般に及ぶ。

エクステリアは2011年6月に投入されたフラッグシップモデル、508シリーズと共通の新世代プジョーデザインに変更されている。フロントエアインテーク部には、フローティンググリルを採用。同時にヘッドランプユニットなどが穏やかなデザインへと改められた。さらにLEDポジションランプをフォグランプのデザインと一体化するようなデザインとしたことで、まとまり感のあるフロントデザインに仕上げられた。

5ドアハッチバックモデルのリアには、リアゲートに水平なクロームラインを追加。さらに従来型の上級グレード、シエロに装備されていたスポーツリアバンパーが標準装備された。またバンパー下部には、ディフューザー風のデザインが採用されている。

装備面では革巻きステアリングホイール、シャイニーブラックセンターコンソールパネルが上級車種に与えられた。またクーペカブリオレのCCシリーズにバイキセノン・ディレクショナルヘッドライトが装備されるなど、充実化が図られている。

ラインナップの見直しが図られ、CCにはエントリーモデルの308CCプレミアムが399万円という戦略価格で追加された。またCCの最上級車種の308CCグリフインテグラルレザー仕様、および5ドアハッチバックの上級車種308シエロ レザー内装は20万円のプライスダウンを実現。ワゴンの308SWプレミアムも6万円の値下がりとなった。

価格は5ドアハッチバックのエントリーモデルである308スタイルの254万円から、クーペカブリオレの最上級車種308CCグリフインテグラルレザー仕様の440万円まで。前述のモデル以外は、価格が据え置かれている。
グレード308スタイル308シエロ308SWプレミアム レザー仕様308CCグリフ インテグラルレザー仕様
駆動方式FF
トランスミッション4AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4315×1820×15154515×1820×15604455×1820×1430
ホイールベース(mm)261027102610
車両重量(kg)1320139015001580
乗車定員(人)574
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]88(120)/6000115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]160(16.3)/4250240(24.5)/1400-3500
10・15モード燃費(km/L)11.611.211.411.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)254.0329.0349.0440.0
■発表日:平成23年6月27日 ■取り扱い:プジョー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027